色々なマゾヒズムのカテゴリー!「ドM女」と言ってもその種類や属性は様々です。

モテ会話マスタープログラム
色々なマゾヒズムのカテゴリー!「ドM女」と言ってもその種類や属性は様々です。

性癖にはさまざまな性癖があるように、M性(マゾヒスティック)にも様々な種類のMの性質というものがあります。

「ドMです」と一言で言われても、そのM性がどういったタイプに当てはまるのかを言葉で聞いたり、プレイを通して感じ取っていかなくてはなりません。

ドM、つまり虐められるのが好きというわけでは決してありません。

今回はそんなM性のタイプや種類を6つに分けてサラッと解説していきたいと思います。

奉仕型M

奉仕型M女性の特徴男性に奉仕をすることに喜ぶタイプのMです。
Sの方も、相手のM性を満足させることに喜びを覚える奉仕型のSというのもあります。

基本的には「人の役に立ちたい」ということから始まり、「褒めてもらいたい」「喜んでもらいたい」という欲求があり、最終的には誰かに必要とされることに喜びを感じてしまうタイプです。

人の役に立ちたいという心の優しさに、エロチックな欲望をミックスさせたような感じでしょうか。

このタイプの女性はかなり多いように感じ、フェラチオさせることはもちろん、苦痛などを与えることでも、とにかく何かを成し遂げたらこまめに褒めてあげることが大切です。

そして奉仕タイプのM女がご奉仕なり与えられた調教などをこなすごとに、しっかりと自分が「喜んでいる」ということを言葉として与えてあげることで、どんどんと気がつけばハードなプレイをも受け入れるようになっているはずです。

羞恥系M

羞恥タイプのM女性の特徴

羞恥型のMは、そのだれもが持つ羞恥心を刺激されることで興奮を感じてしまうタイプのMです。

そう聞くと、安直に野外露出プレイでもという感じではありますが、じつは羞恥タイプのM女性の場合は、普段非常に真面目な生活と性格をしており、野外露出は法律的に反するからという答えが帰ってくる場合もよくあります。

羞恥型M女性との野外プレイは、ノーパンノーブラデートやリモコンバイブをつけてお散歩するという人知れず出来るものから始めていくことをおすすめします。

また、露出以外にも羞恥心を刺激させるには、あなたは服を着たまま、彼女自らに服を脱がせ全裸にさせて視姦したり、M字開脚などの恥ずかしいポーズを取らせるたりするプレイがおすすめです。

もちろん、このときには彼女の羞恥心をさらに煽るような言葉責を織り込んでみたり、または彼女に恥ずかしい淫語を言わせたりすると良いでしょう。

快楽型M

快楽型M女性

快楽型Mはとにかくとことん性の快楽を味わわされたいタイプのMで、その願望の多くが「全身を拘束されって頭がおかしくなるまで攻め続けられたい」というタイプです。

これはどちらかというと、経験者よりもそういったプレイに憧れを抱く女性という感じで、思いの外このタイプは少なくはありません。

また、男性とのセックスでまだ本当の快楽に到達したことがない女性に多いようにも感じます。

これは昨今のAVやそういったアダルト作品などで「自分もされてみたい」という願望を持つようになるパターンがほとんどです。

このタイプはそうしてもその女性が望むようなら全身を拘束したり緊縛したりして体験させてあげてください。

シチュエーション型M

悲劇のヒロインに憧れるM女性

身体で感じる快感よりも、そのシチュエーションそのものに興奮するタイプで、悲劇のヒロイン型とも呼ばれています。

ネットでヤレる女を探す方法、セフレの作り方、オフパコ、色々教えます!

しっかりと奴隷とご主人さまという定義を明確させたプレイがおすすめで、どんなプレイがいいかはその女性により様々ですが、とにかくそのプレイをする理不尽な理由付けをすることがおすすめです。

とにかく売られて奴隷になったなど、理不尽極まりない設定をてんこ盛りにさせてあげることがポイントで、調教のメニューを達したときでももう1段階理不尽な理由をつけてさらに悲劇的な状況に追い込むと喜ぶ傾向にあります。

このジャンルのM女性は、割と生活的には満たされているのに、性的な部分では満たされていない人妻さんに多いような気もします。

苦痛型M

苦痛型M女性の特徴

スパンキングされた時の痛みなどの身体への痛みを快楽としてしまうタイプのM女性です。

人間は体の痛みを、自己防衛のために気持ちよさに変えてしまう機能が備わっていたりもするのですが、それをはっきりと自覚しているタイプのMです。

よく漫画の世界でもギャグシーンとして痛みに喜ぶシーンが書かれ、ある意味マゾヒストの代表的な性癖のように扱われていますが、実はこのタイプのM女性は比較的少数派で、信頼できる男性とSMプレイを繰り返してこのプレイを受け入れていくようになったり、経験をこなすことで目覚める性癖です。

よって初心者Mの女性に強烈なスパンキングなどのプレイは安易にすることはあまりおすすめいたしません。

また、痛みと言っても鈍い痛みよりもラケットやバラ鞭などの比較的鋭い痛みが性的な気持ちよさに結びつきやすいもので、逆に鈍い痛みなどはただの痛みでしかありません。

またこのタイプは、上記のように痛みそのものが快楽へとつながるタイプと、痛みそのものを耐えることが快楽につながるタイプの2種類が存在します。

後者は、シチュエーション型のMや奉仕型のMでもあることが多く、ちゃんと調教に耐えたときはしっかりと褒めて上げることが大切になります。

自己破壊型M

自己破壊型M女性

とにかく自分をとことん痛めつけることで妙な安心感を得てしまうタイプのM属性です。

このタイプは自己評価とても低い女性や、メンヘラ気味な女性に多く見られます。

とにかくボロ雑巾のように扱われたい、集団でひどい目に遭わされたいなどの願望を持っていることが多いです。

このタイプの女性は意識は相手の男性よりもボロボロになっていく自分に向けられていることが多い。

その願望をうまく叶えてあげ、話もしっかりと聞いて理解車になることで良くも悪くも相手の女性の方はあなたに依存しがちになってしまいますので注意が必要です。

しっかりと相手の女性のMタイプを把握しよう

というように今回はかんたんにM属性のカテゴライズをさせていただきました。

もちろん、ざっと思いついたものを書き出した感じで、まだまだ細かく分けることでさまざまなサブジャンルが在るかもしれません。

何より大事なのは、しっかりと相手のMのタイプをしっかりと見抜き、理解することです。
どういう願望が在るかや、普段の態度や何気ない日常会話からも、相手の女性がどういうタイプのなのかはぼんやりと見えてくるかもしれません。

また今回はカテゴライズさせていただいたものの、その多くの女性が上記に書いた属性を複数持っていることもありますし、あなたとのプレイで新しい属性を開花させることもあります。

一言でドMと言ってもその属性は様々であり、また、ドMだからといってもあくまで性癖がそうなのであって価値観がそういうわけでもないので横暴な男性はイヤというのが多くのM女性の共通事項です。

相手のM属性を理解し、その願望を埋め合うように楽しくSMプレイを楽しんでいただければと思います。

もちろん、しっかりとその願望を満足させると同時にあなた自身への信頼や行為が深まるにつれて、どんなプレイでも積極的にやってみたいとお思うようになりますので、焦らず、まずは相手の女性が最初に持っている願望をしっかりと満たしてあげることを目標としましょう。

本気でセックスを学びたいアナタへ

↓管理人おすすめのセックステクニック教材

License to Steal

世の中にはたくさんのセックステクニックを勉強するための教材が存在し、僕自身も何十作という数のセックステクニックの教材を観たり読んだりさせていただいたが、その中からどれから一つ、ナンバーワンを決めなさいと言われれば間違えなくこの「License to Steal 一条正都」を選ぶ。

License to Stealは2012年に発売された教材であり、それ以降にも様々なセックス教材が発売され、何本も観てきたが、結局今に至るまでにも、トータル評価でこの教材を超えるものはない。

とにかく手マンを極めたい、ポルチオ開発をしてみたいなどの専門的な内容であれば専門教材で学ぶほうがいいのですが、「セックス全体」を学ぼうとすればこの教材は最高峰であるとも言えるし、セックス全体の質を段違いに向上させたいのであれば間違いなくこの教材がベストである。

何よりも、この教材の中で披露されるセックスシーンは、セックステクニックを学びたい者たちのために後世に遺すべきレベルの価値ある映像だと思う。

そこには、女性にとっての至高のセックスが記録されているからだ。


(レビューページに飛びます)

特典

中級者向けセックステクニック

ABOUT US
タロスケセックスアドバイザー
これまで抱いた女性は200人以上。 50人辺りまではただ自分の性欲を満たすためだけのセックスをしてきましたが、一人の女性と出会い、そこから「女性のためのセックス」をするように心がけてきました。 現在では8割型の女性をイカせれるようにもなり、女性を幸せにできるセックスとは何かを模索し続けています。