セックス(前戯)での基本はソフト&スロー!愛を感じさせフェザータッチや焦らしで全身を敏感に。

セックス(前戯)での基本はソフト&スロー!愛を感じさせフェザータッチや焦らしで全身を敏感に。

AVの影響が大きいのかもしれませんが、多くの男性はとにかく女性を激しく責めることで大きな快感を与えれるものだという認識があります。

しかし、激しくしていいのはほんのワンシーンだったり、しっかりと心も体も温まりきったころだけです。

あくまで女性とセックスをする際は「ソフト&スロー」が基本であることを覚えておきましょう。

女性の興奮はゆっくり登るもの

女性の興奮はゆっくり上昇

では、なぜセックス(特に前戯)においてはソフト&スローが基本になるかというと、理由はいろいろとあるのですが、まずはセックスにおける女性の興奮の上昇スピードが男性と違って非常にゆっくりだからです。

例に上げると、男性の場合は可愛い女性の裸を見た瞬間に、一気にペニスが固くなってすぐにでもその膣内に自分のイチモツをブチ込んでしまいたいくなるくらいに興奮したりもするのですが、女性の場合は男性と違って一気に興奮が登るわけではなくジワジワと時間をかけて登っていくものです。

仮に女性がその日すごくセックスをしたくてムラムラしていようとも、まだ完全に興奮しきっているわけでもないし、体の方も準備ができていません。

女性の興奮を呼び覚まし、体も敏感にさせてあげるためにも前戯があるわけですが、その前戯もしっかり時間をかけてやさしくしなければなりません。

前戯は長いほうが良いのか?前戯の目安の時間は?

2016.07.26

女性は雰囲気で感じ、そして愛されたいと願う

愛されたい

ソフト&スローで前戯を行うということは、やはり前戯においてムードも演出できますし、なによりも女性にとっては愛でられ大切にされているように感じられるものです。

雑巾を扱うようにではなく、まるで大切な何かを扱われるようにゆっくり丁寧にされることで、その男性からの愛情のようなものを感じ始めるでしょう。

また、スローに前戯を行うことで、それだけで女性をリラックスさせる効果もあるのです。

興奮とリラックスはまるで反対の言葉のようにも思えますが、セックスにおいてはリラックスした状態があって初めて真なる興奮の領域へと昇ることが可能となるのです。

女性はセックスに対して雰囲気を重視し、ムード次第で満足度が変わる!

2016.08.03

フェザータッチ

フェザータッチ

ソフトな愛撫の基本中の基本とも言えるテクニックが「フェザータッチ」です。

手の指が相手の肌に触れるか触れないかという距離を保つことを意識しながら、肌ではなく産毛を撫でるように愛撫することがミソです。

そして、自分でもこれでもかというくらいにじれったくゆっくりと行うことです。

なぜ、このフェザータッチをしっかりと取り入れるべきなのかというと、人間の体は実際にモノに触れていなくても、肌では相手の体温を感じ、空気の僅かな動きを産毛が感覚として感知するものです。

それによって、神経がだんだんと鋭くなっていき、やがては全身の神経がかなり敏感なものとなり、肉体で受ける性的快感も非常に増幅されて感じるようになるのです。

ネットでヤレる女を探す方法、セフレの作り方、オフパコ、色々教えます!

そういった意味では、フェザータッチは女性の体を準備するためには必要不可欠なセックステクニックとなります。

それに多くの女性は、じっくりとフェザータッチをされたいという願望を持ちながらも、それをあまりしてくれる男性や上手にしてくれる男性が少ないので、需要と供給のバランスが取れていないので、フェザータッチをするだけでも希少な男になれます。

詳しいフェザータッチの仕方は以下のページで書いておりますので御覧ください。

全身を焦らす上手なフェザータッチのやり方

2016.10.28

また、フェザータッチは男性の体でもその効果を感じることができるので、自分の体を使ってどこが効果的か、どういうスピードや強さで行うのが効果的かなどを身を持って学ぶことができるので練習してみましょう。

 

焦らしプレイ

焦らしプレイ

フェザータッチをすることで肉体の神経が敏感になって受ける性的快感も増幅される効果があると書きましたが、それだけではなく「触れてほしいのに触れてくれない・・・」という”焦らし”の効果を生み出すことにもなります。

はやく触れてほしいという欲求が女性の中に渦巻いてきて、それが蓄積されることにより更に欲求不満状態に陥らせることでより一層神経が敏感になるのです。

フェザータッチでなくとも、例えばクンニをするために舌を近づけつつ舌先がクリトリスに触れるか触れないかの位で舌をベロベロすることで、クリトリスは舌の温度や動く空気を感じ取って、むず痒い状態になり、それが実際にクリトリスを触れたときにはより一層大きな悦びと快感に襲われるものです。

また、ある程度その女性を自由にイカセれるようになったら、もう少しでイクという状態のときにわざと指やピストンをストップさせ、それを繰り返すことによっていざ絶頂に達したときの快感と開放感がよろ大きなものとなるのです。

焦らしに関してもこちらに詳しく書いてありますので参考までにどうぞ。

焦らしのテクニッック(女に欲しいと言わせる焦らし方)

2016.11.03

指マンだって当然ソフト&スローで

指マンだって当然ソフト&スロー

指マンも当然のことながらソフト&スローで行うということも、セックステクニックを勉強している貴男にとっては当然の事になっていると思います。

ハードな手マンはあくまでAVの作品として盛り上げるための演出ですからね。

女性を痛がらせて興冷めされてしまったり、膣内を傷つけてしまうとセックスどころじゃなくなりますからね。

まんことはいえ、女性の「内蔵」であり「臓器」であることを絶対に忘れてはいけません。

GスポットやPスポットなどを捉えたら、ガシガシではなくグイ…グイ…グーという感じでゆっくりやさしく愛撫してあげるようにしましょう。

しっかりと愛撫するポイントさえ狙うことができれば、激しくする必要なんて無いのです。

そして女性がイキそうになったときもわざわざペースアップする必要もなく、そのペースのまま女性がイクのを待ちましょう。

実は、女性の方はテンポアップされると調子がハズレてかえってイキにくくなる女性も居ますし、同じテンポのまま絶頂を迎えるほうが、ジワジワと波が襲ってきて全身に快感が広がるようにイクのです。

セックスでの基本は、あくまでソフト&スローでと書かせていただきました。

フェザータッチや焦らしを行うことでどういう効果があるか以上に、優しくゆっくりと前戯を行うことで、いかに女性が大切にされているか愛されているかを感じ取らせることができるのかが重要ですし、ソフト&スローで余裕を持った前戯を行うことでリラックスさせることや「この人に身を任せてもいい」と安心させるための、そんなメンタル部分での効果にこそ意味があるのです。

女性をセックスで心から満足させイカせたければ常に「愛してるよ」の心で!気持ちは伝染る。

2018.06.14

本気でセックスを学びたいアナタへ

↓管理人おすすめのセックステクニック教材

コトバと愛撫の8つのテクで狂ったようにバンバン女性をイカせる秘術


中級者から上級者にステップアップしようと思ったのであれば、これは間違えなく避けては通れない教材であると思います。

セックステクニックや女性をイかせる方法は、技術的なテクニックだけでは足りません。

ほんとうの意味で女性を究極の快楽に堕とすには、「脳」への愛撫をし、女性の理性を崩壊させなくてはなりません。

その最も近道であり手っ取り早い方法が「言葉責め」です。

といっても、恥ずかしがり屋さんの多い日本人はあまり言葉責めは苦手という方も多いかもしれない。

しかし、言葉責めは女性がもっとも男性にして欲しいセックステクニックであると同時に、誰もやらないからこそ、女性にとって重宝される存在になれるのです。

石井哲平さんがセックスの帝王として君臨し続けているのは、この言葉責めをマスターしたからとも本人は豪語しています。

言葉で脳を愛撫する・・・これこそ僕としても女性を究極の快楽に導くための手段であると思います。



(レビューページに飛びます)

特典

中級者向けセックステクニック

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

これまで抱いた女性は100人以上。 50人辺りまではただ自分の性欲を満たすためだけのセックスをしてきましたが、一人の女性と出会い、そこから「女性のためのセックス」をするように心がけてきました。 現在では8割型の女性をイカせれるようにもなり、女性を幸せにできるセックスとは何かを模索し続けています。