愛液が濡れやすい女性ほど前戯を雑にされ傷ついている?分泌量が多いからこそ丁寧なセックスを。

愛液が濡れやすい女性ほど前戯を雑にされ傷ついている?分泌量が多いからこそ丁寧なセックスを。

女性の悩みの一つに「濡れにくい体質」というものがあります。

愛液が少ない、濡れない、濡れにくいという女性への愛撫のやり方と注意点!

愛液が少ない、濡れない、濡れにくいという女性への愛撫のやり方と注意点!

しかし、その逆に「濡れやすい体質」であるゆえに、それに準ずるその女性ならではの悩みというものが存在します。

濡れやすい女性だからこその表に出ない悩み

濡れやすい体質の女性

1つは、濡れやすい体質ゆえに、常に下着など汚してしまったりで日々の生活が大変ということもあるでしょう。

しかし最も濡れやすい女性、愛液の分泌量が多い女性として大きな悩みとなっているのが、濡れやすいゆえにどうしても男性からの愛撫や前戯が雑であったり、短かったりするというものがあります。

僕自身がさまざまな女性とセックスをしていく中で、

彼氏とのエッチが気持ちよくない、前戯をあまりしてくれない
ちゃんと前戯をしてほしい…

という悩みを持つ女性の多くが、非常に濡れやすい体質であり、分泌する愛液も粘度が高めなトロトロなタイプであった印象が強いです。

濡れやすい体質であるからこそ、もう挿れていいのではないかという誤解、むしろなんならこのまま挿れると気持ちいいんじゃないかという感じさえ、経験の少ない男性にはそう思わせてしまう傾向があります。

愛液というものは異物の挿入から膣内を守るため、そして男性器の挿入をしやすくするための軽滑剤としての役割もあります。

しかし当然のことながら、女性が濡れているからといっていつでも挿入OKというわけでは決してありません。

それだけ濡れていれば挿入しても痛くないだろうかと思われるかもしれませんが、残念がら膣内の筋肉はそこまで解れてはいませんし、膣内の感度も興奮状態がまだまだ低いためにそこまで高まっているものではなく、気持ちいいよりも先に、痛いという間隔が優先される状態であるでしょう。

ネットでヤレる女を探す方法、セフレの作り方、オフパコ、色々教えます!

なにより愛液はただ性的に興奮している状態でも分泌されるものであるので、たっぷり分泌されているからと言って決して挿入OKの状態であるということではないことをしっかりと覚えておきましょう。

それに女性の口からも「私、濡れやすい体質だからちゃんと前戯してね」とは言いにくいだろうし、言ったところで男性側も「なんで濡れやすいからって逆にちゃんと前戯しなきゃいけないの?逆じゃない?」と思われるだろうというのも、問題なところです。

かといって、これを丁寧に説明するとそれはそれでその場がシラケてしまいそうなこともあるので、余計に難しいというね。

濡れやすい女性の挿入がOKなタイミングとは?

しっかりとたっぷり時間を掛けて丁寧な前戯を

それではどういう状態になれば、ベストなタイミングでなくても挿入してもOKな状態なのか。

女性をクンニや指マンなどの前戯で気持ちよくさせ、膣内の緊張も解れてきている状態になり、精神的な部分でも興奮が高まってきている状態になりますと、だんだんと愛液が最初の状態よりも粘度の低いサラサラとした愛液に変わってきているということを感じるでしょう。

もちろん、女性の体質によってそのサラサラ具合も個人差は大きいですが、そんなサラサラな状態であれば基本的に挿入しても痛がられることも少ないと思いますし、挿入しても大丈夫だと思います。

また、膣内愛撫のやりすぎで愛液の殆どを膣外へと飛ばしてしまい、サラサラどころかあまり濡れていない状態になる場合は、ローションを使ったほうが、あなたのためでもあり女性のためにもなるぞい

もしあなたが新しい女性に出会った時に、まだ大した愛撫もしていないセックスが始まったばかりの状態の時に、トロトロな愛液をたっぷりと分泌している濡れやすい体質の女性であった場合は、これまでちゃんとした前戯をされた経験の少ない女性である可能性もありますので、しっかりとたっぷり時間を掛けて丁寧な前戯を心がけてあげましょう。

それに、そのほうが女性の方からも「これまでの男とは違う!」という好印象を持たれることもあるでしょうからね。

一味違う上手な前戯のやりかた!テク不要で女性に気持ちいいと思わせて興奮させる前戯テクニック。

一味違う上手な前戯のやりかた!テク不要で女性に気持ちいいと思わせて興奮させる前戯テクニック。

本気でセックスを学びたいアナタへ

↓管理人おすすめのセックステクニック教材

膣イキ記憶術パーフェクトビデオ

世の中の女性の約5割は、セックスで「イク」という経験をしないらしい。

そして更にその半分は、クリトリスでイク外イキであって、中イキではない。

そう、中イキ(膣イキ)とは世の中の女性の25%しか体験することのないのだ。

中イキは、クリトリスでイクものにくらべて遥かに強く深く強烈な快感が全身に広がるものである。

そして女性は、自分にはじめての「中イキ」をもたらしてくれた男性に対して、まるでひな鳥が初めて見たものを親だと思いこむように、依存してしまう傾向がある。

自分をイカせてくれた男性こそ、運命の男性であるかのように。

そんな強烈な快感なのに、どうして25%の女性しか体験できていないかというと、女性の体質なども多少は関係するが、その多くの原因は、男性側の知識不足、テクニック不足、そして「中イキをプレゼントしてあげたい」という思いが欠如しているからである。

だからこそ、セックステクニックの深淵を学ぼうとするあなたには、当たり前のように女性を「中イキ」させるだけの知識とテクニックは身につけておいてほしいと思う。

女性の膣内の全5箇所、そのそれぞれを指かペニスでイカせる方法を、オムニバス形式でまとめてある。

セックスマスターを目指すため、最愛の女性にセックスにおける究極の快感をプレゼントするため、または狙った女性を中イキさせて快楽の虜にしセフレにするために。

女性の「膣内を支配し掌握すること」それは、女性そのものを支配することにあたるのです。


(レビューページに飛びます)

特典

中級者向けセックステクニック