AVは参考にしちゃいけない!AVが悪影響をもたらした安易な中出しと男優のカメラ用セックス。

AVは参考にしちゃいけない!AVが悪影響をもたらした安易な中出しと男優のカメラ用セックス。

AVのセックスは見本にしちゃいけないと、セックステクニックを教える立場にある人であれば誰でも言うことですし、あなたもそういうお話は耳にしたことがあると思います。

実際、AVのセックスはあまり参考にしないでほしいとは思います。

それはなぜなのか?

あくまでAVの体位はカメラ用

AVのセックスを参考にしてはいけないと言われるのはやはり、セックスの体位自体が女性を喜ばせるためのものではなく、あくまでその映像を視聴している男性を興奮させるためのものだからです。

例えば、セックスで女性を心から悦ばせようとするときは、お互いの身体をしっかりと密着させていなくてはいけません。

しかし、AVでそれをやろうとすると「男優が邪魔!被さるな!女優のおっぱいが見えねーだろ!」というクレームが来てしまいます。

そう、男性向けのAVのターゲット層はあくまで男性であり、男性のために作られています。

つまりAVの購入者が見たいのは男優の身体でもなければ男優のセックスでもなく、あくまで女優のおっぱいや身体、感じている顔を見たいわけなんですよね。

もっといえば、ペニスとヴァギナの結合部も見たいでしょうから、結合部が隠れてしまうような体位もあまり男優さんはしません。

基本的に体位は監督からの指示もあって、なるべくカメラを意識したような体位でセックスを進行させるということが多いのです。

特に正常位こそ、しっかりと身体を密着させて行うべき体位でありながら、挿入直後に身体を密着させることはなく、男性が女性を見下ろすような離れた正常位が一般的になったのはAVの弊害と言えます。

男優のテクもそうだし、女優の演技も優秀

男優のセックスも当然ながらカメラと派手さを意識したAV向けの体位とテクニックなのですが、それは男優だけではなく、女優の演技も加わってより一層参考にしてはいけないものとなります。

AV女優は、女優であり演技をするということでもあります。

つまりは本当の意味では気持ちよくないテクニックや体位であっても、それが気持ちいいように演技をしなくてはなりません。

なので、本当は痛い体位やセックス、はたまた女優の身体に負担がかかるプレイであっても、それをあくまで気持ちいいセックスであるかのように演技をしなくてはならないわけです。

カメラを意識した男優のテクニックとどんなプレイでも気持ちいいかのように演技する女優。
このダブルの意味で参考にしてはいけないのです。

セックスの流れに変な型ができてしまった

特殊なAVではなく普通のAVを見ると基本的なセックスの流れはみんな似通っていますよね。

  1. キス
  2. 愛撫
  3. 手マン
  4. フェラ
  5. 正常位
  6. バック
  7. 騎乗位
  8. その他体位
  9. 正常位
  10. フィニッシュ

大体はこの流れのとおりになってしまいます。

しかし、僕としてはもっとそれぞれの女性に合わせたセックスの流れがあってもいいと思いますし、もっとひとそれぞれのセックスの流れがあってもいいと思うんです。

というのも、この流れが一般的になってしまって、女性にとってもそれがテンプレートのようになってしまっているんです。

だから女性からすれば「どうせ次はこうくるよね」ということが予測できてしまって、セックスの中におけるサプライズがなくなってしまいます。

全ては予定調和のセックスになる。

それでは女性の脳に大きな刺激を与えることはできませんし、女性の印象や記憶に残るようなセックスはしにくくなってしまうということでもあります。

挿れたら射精するまでという概念ができた

僕的にはこれが残念だなと思えるAVの影響というのが、やはりセックスでペニスをヴァギナに挿入したら、射精するまで終わっちゃいけないという概念ができてしまったことだと思うんです。

女性の体や膣内というのは、セックスをする前とセックスし終えた後では別物に変わっているんです。

全身の神経は研ぎ澄まされて快感に敏感になっていますし、精神面では心から興奮していますし、子宮口も下がってきています。

この状態で一度ペニスを膣内から抜き、クンニしたり指マンしてりすることで新しい刺激を与えることができます。

特に、早漏気味な男性であれば無理してピストンを続けて女性が満足する前に射精してしまったりさせるよりは、一度ペニスを抜いて射精感を抑えるためペニスを休ませると同時に、女性に快感を与え続けたほうがいいとも言えるでしょう。

何より、射精をしてしまっては賢者タイムに入ってしまって、女性の方はヤル気満々なのにあなたの方はもうセックスはしたくない状態になっているというのは、なんとも虚しい限りです。

AVにおける一番の功罪は「安易な中出し」の蔓延

AVを参考にしてはいけないというか、AVをが世の中にもっとも悪影響をもたらしてしまったのは「安易な中出し」を蔓延させてしまったことだと僕は思います。

最近では中出しモノじゃないと人気のない女優では売れなかったり、ユーザーが満足しない傾向にあります。

なので、AV界の中では昔に比べて中出しモノが非常に多くなってきました。

しかし、AVの中出しモノはあくまで擬似精子を使用したフェイクです。

仮に無修正作品で真性中出しものであっても、女優はしっかりとピルを飲んでいたり、アフターピルを使用しているのです。

こんなにも中出しモノが当たり前となってしまっては「中出し」という禁断の行為が安易なものに感じてしまいますし、AVではあんなに中出ししているのだから中出ししたって妊娠はしないだろうという考えが広まってしまいます。

中出しは、されたほうの女性の人生を大きく歪めてしまいます。

中出しというものを身近にし、安易な中出しを世の中に蔓延させてしまったのはAVの功罪ですね。

なぜAV女優はあれほど中出しされているのに受精妊娠しないのか?

2016.09.27

AV男優たちも自分たちのセックスを参考にしないでほしいと自覚している

AVや男優のセックスは参考にしてはいけないということは、実は男優さんが一番良く知っています。

そして最近では、男優さん自身がSNSや書籍などを通して「あまり参考にしないでね」ということを発信するようになりました。

あくまで男優はセックスのプロではありますが「見せるためのセックスのプロ」であります。

とはいえ、なんだかんだでセックス経験が豊富で様々な女性を抱いてきた男優であるからこそ、女性の体を女性よりも熟知しているところもありますし、持っているセックステクニックは本物です。

そんな男優がAV用のセックスではなく、本気で女性を悦ばせイカせるためのテクニックを披露するとなると、女性はどうなるのか?

以下の映像では男優歴20年以上のベテランAV男優が、AVでは見せることのない本気で女を悦ばせイカセルためのテクニックを伝授してくれます。
→究極映像!一条正都のセックステクニック

 

ABOUTこの記事をかいた人

これまで抱いた女性は100人以上。 50人辺りまではただ自分の性欲を満たすためだけのセックスをしてきましたが、一人の女性と出会い、そこから「女性のためのセックス」をするように心がけてきました。 現在では8割型の女性をイカせれるようにもなり、女性を幸せにできるセックスとは何かを模索し続けています。