女性が「濡れる」本当の理由とは?愛液の本当の役割。

モテ会話マスタープログラム
女性が「濡れる」本当の理由とは?愛液の本当の役割。

女性が愛液を分泌し、アソコが濡れていると性欲が高ぶり興奮しているかのように思っていた時期も僕にはありました。

それは「こんなにアソコをぐしょぐしょにして、エッチだな」というなにかのセリフが影響してそう思うようになっていたのかもしれません。

しかし、そもそも女性器が濡れるのは性欲が高ぶったり脳が興奮したりして濡れるのではなく、平常なときにでも常に濡れているのが正常なのです。

男性期と違って膣内の構造的には、どうしてもウイルスや細菌、不純物などが溜まりやすくなってしまう傾向にあり、それらから膣内を守り清潔に保つためにそれらを体外へと排出する役割を持っているのが愛液と呼ばれる膣分泌液なのです。

また、それによって細菌やウイルスなどが体外に排出されったものが「おりもの」と呼ばれるものです。

ちなみに腟分泌液を構成する成分は、膣壁やバルトリン腺、尿道腺や支給などと行った部分から様々な分泌液が混ざり合って愛液というものを構成しています。

愛液そのものは基本的には、ウイルスや細菌が酸性に弱いということもあり「弱酸性」となっておりますが、条件によって「酸性」「アルカリ性」に傾くこともあります。

アルカリ性になるのはおもにセックスをするときで、これは精液を受け入れ受精を促すためです。

実は男性の精液はアルカリ性となっており、愛液が弱酸性のままであると精子たちは弱酸性の愛液に寄って溶けてしまうことになりますからね。

ネットでヤレる女を探す方法、セフレの作り方、オフパコ、色々教えます!

そういった意味では、不純物は不純物、精子は精子と女性の本能はわけているのでしょう。

ちなみに、そう考えるとクンニをしたときに女性の愛液が若干酸っぱかったら、まだ頭がセックスモードに突入していないか、そもそも本当はあなたとのセックスを心のどこかで拒んでいる可能性があります(汗)

また、愛液には挿入の際の軽滑剤としての役割を果たしペニスを膣内で受け入れやすくしたり、愛液の独特なぬめり家でより強い刺激を男性期に与えて射精を促すという機能。

そして愛液の最も主な理由が、「自分の内臓である膣内を守るため」です。

なにかの体験談で女性が乱暴されているときに濡れていることを自覚した女性がいました。
それこそまさに、男性のペニスを受け入れるために濡れているのではなく、異物から自分を守るために濡れている状態と言えます。

男性の多くは女性器が濡れているのを、感じているから、興奮しているからだと思い込みがちですし、さほど濡れていなくても膣内に指を挿れると濡れだしたりした経験もあるかもしれません。

そのときにどうして女性器は濡れたのかと言うと、純粋に性的興奮が高まりその異物を受け入れようとして濡れたのか、はたまた男性の指やペニスを異物だと認識し、自分の身体を守るために濡れたのかの2種類があります。

もし、異物だと判断していた場合そのまま行為を続けていれば快感どころか不快感しか蓄積されないという状況にもなってきますよね。

先程書いたように、愛液の味を確認して、酸っぱいかそうでないかで判断できそうですが当然のことながら完璧ではありません。

しっかりと、相手の女性があなたとのセックスを受け入れようとして濡れているのか、それとも拒絶しようとして濡れているのかを見定めるようにしましょう。

本気でセックスを学びたいアナタへ

↓管理人おすすめのセックステクニック教材

膣イキ記憶術パーフェクトビデオ

世の中の女性の約5割は、セックスで「イク」という経験をしないらしい。

そして更にその半分は、クリトリスでイク外イキであって、中イキではない。

そう、中イキ(膣イキ)とは世の中の女性の25%しか体験することのないのだ。

中イキは、クリトリスでイクものにくらべて遥かに強く深く強烈な快感が全身に広がるものである。

そして女性は、自分にはじめての「中イキ」をもたらしてくれた男性に対して、まるでひな鳥が初めて見たものを親だと思いこむように、依存してしまう傾向がある。

自分をイカせてくれた男性こそ、運命の男性であるかのように。

そんな強烈な快感なのに、どうして25%の女性しか体験できていないかというと、女性の体質なども多少は関係するが、その多くの原因は、男性側の知識不足、テクニック不足、そして「中イキをプレゼントしてあげたい」という思いが欠如しているからである。

だからこそ、セックステクニックの深淵を学ぼうとするあなたには、当たり前のように女性を「中イキ」させるだけの知識とテクニックは身につけておいてほしいと思う。

女性の膣内の全5箇所、そのそれぞれを指かペニスでイカせる方法を、オムニバス形式でまとめてある。

セックスマスターを目指すため、最愛の女性にセックスにおける究極の快感をプレゼントするため、または狙った女性を中イキさせて快楽の虜にしセフレにするために。

女性の「膣内を支配し掌握すること」それは、女性そのものを支配することにあたるのです。


(レビューページに飛びます)

特典

中級者向けセックステクニック

ABOUT US
タロスケセックスアドバイザー
これまで抱いた女性は200人以上。 50人辺りまではただ自分の性欲を満たすためだけのセックスをしてきましたが、一人の女性と出会い、そこから「女性のためのセックス」をするように心がけてきました。 現在では8割型の女性をイカせれるようにもなり、女性を幸せにできるセックスとは何かを模索し続けています。