筋肉痛にならないためのセックスの4つのやり方とは?

モテ会話マスタープログラム
筋肉痛にならないためのセックスのやり方とは?

セックスをすると、翌日に激しい筋肉痛が襲ってくるということは、男女ともに経験した人は多いことでしょう。

セックスも普段は動かさないような筋肉を使ったり、不自然な体勢をとることも多いので筋肉痛になってしまうのは仕方がありませんし、逆に筋肉痛になるというのも若い証拠です。

とはいえ、できればセックスの後に筋肉痛になるのは避けたいということで今回は筋肉痛にならないためのセックスのやり方を紹介させていただければと思います。

男性と女性では筋肉痛にならないためのセックスのやり方は異なるのですが、今回は男性向けのセックステクニックサイトなのであくまで男性のための方法という感じにしておりますが、逆に女性の体に負担をかけ相手の女性を筋肉痛にさせてしまうような方法も除外させていただきます。

シャワーだけではなくお風呂に入る

お風呂に入る

これは基本的なことになりますが、できればセックスの前後ともにシャワーだけではなく、お風呂に入ることをおすすめします。

やはり事前に筋肉を温め血行を良くしておくことで女性にとっても男性にとっても筋肉痛を防ぐことができますし、事後にお風呂に入ることでも筋肉を解す効果があります。

お風呂に入ることは、女性にとっても筋肉痛を予防する効果もあり、セックス前の入浴は精神的なリラックスと肉体的な血行促進効果によって、その後のセックスで女性の方が非常に感じやすい状態にもなりますのでおすすめです。

ラブホテルに入ってからセックスする前にシャワーを浴びに行くタイミングはいつがベスト?

テコの原理を利用した愛撫をする

男性がセックスで筋肉痛になってしまう箇所で多い例として、やはり「腕」ではないでしょうか。

若い頃のセックステクニックをまだ知らなかった時代であれば、とにかく女性の膣内をガシガシと力任せに手マンしまくって、その翌日に腕が筋肉痛になったという人も少なくはないでしょう。

さらに大人になってからガシガシと手マンすればいいわけではないということを知ってからも、女性にとって一番気持ちいいポイントを責めるにしても、今度は腕力ではなく調節筋を使うようになってからもなんだかんだで筋肉痛になるパターンも少なくはありません。

ガシガシと女性の膣内を手マンするのは言語道断ですが、筋肉痛にならないための手マンのコツをかんたんに説明しますと、GスポットやAスポット、裏Gスポットなどを指で刺激する際は、なるべく肘をベッドにつけて行うようにです。

肘をつけることで筋肉を使わず、テコの原理で女性の膣内を手マンすることができますので、疲れません。

また、ガシガシと手マンせずとも、しっかりと女性の気持ちよがるポイントしっかりと捉え、淡々と手マンすることで女性にとってはジワジワと体の奥から湧いてくるような深い快感を与えることができます。

ネットでヤレる女を探す方法、セフレの作り方、オフパコ、色々教えます!

絡み合う時の体勢によってはこの方法が取りにくい場合もありますので、手マンで最後まで気持ちよくさせてあげようと思ったら、テコの原理を働かせやすい体勢にチェンジするようにしましょう。

はずさない前戯のやり方と愛撫の手順!女性の責めるべき性感帯の正しい順番とは?

寝バックの体位を多用して責める

寝バック

セックスで筋肉痛になりやすい場所といえば、脚の付け根の部分もなりやすい箇所の一つです。

これは正常位の際に男性側があぐらの姿勢で脚を広げたままピストンしたり、女性が気持ちよくなる部分を見つけたらそこに当てようと調整したら、自然と足の付根の筋肉に負担がかかってしまっていたという場合です。

正常位で筋肉痛になるのは、AVのように結合部が見えるような体勢になっている場合が多いです。
正常位の際はしっかりと全身で相手の女性を包み込み、覆いかぶさるような体勢をメインで行うことで筋肉痛になることを防げます。

また、本番セックスで筋肉痛になりづらく、なおかつ女性にとっても快感度の高い体位としておすすめなのが寝バックです。

しっかりと女性の脚を閉じることで、膣内全体にペニスをこすり当てることができますし、Gスポットにもしっかりと当てやすい体位です。

なおかつ、女性側にも男性側にも体勢的な負担がありませんので、筋肉痛になりにくい体位の一つであると言えます。

【最強体位】寝バックの正しいやり方!中イキさせやすく早漏防止にも役立つテクニックなのです。

ポイントさえ当たればいい

前戯にしても、本番のセックスにしても基本的には力任せに女性を責めるではなく、しっかりと女性が気持ちよくなるポイントを見定め、そこを淡々と攻めていくことです。

激しくすればすればするほど女性は気持ちよさそうな喘ぎ声をあげますが、どちらかというと気持ちよさから来る喘ぎ声と言うよりは、体を激しく責められることによって自然と声が大きくなってしまうという感じですので、喘ぎ声の大きさと気持ちよさは比例していないということを頭の片隅においておきましょう。

指で、ペニスで、相手の女性がもっともいい反応を示した箇所を見つけたら、力任せにそこを刺激するでなく、より長く彼女がイケるまで刺激するパワーを温存するようにして淡々と攻めていくことが大切です。

セックスにおける筋肉痛を理解する

セックスをすることで色々と筋肉痛にならないセックスの仕方を書きましたが、やはりどうしても筋肉痛になってしまうことも在るでしょう。

それは幸せな痛みとも言われますが、なんだかんだで次の日の仕事などにも支障をきたしてしまうこともありますからね。

セックスで筋肉痛にならないための一番の方法は、結局は慣れるしか無いとというところに落ち着きます。

というのも、やはり人間は同じことを繰り返すうちに無駄な動きが無くなっていき、段々と無駄なことを省いて洗練されていくものです。

これも違う女性を相手にしたとしても、セックスにもほとんど同じことがいえます。

セックスで筋肉痛になってしまうのはまだまだ自分がセックスに対して未熟であると考えると、まだまだ自分に伸びしろを感じてセックスが楽しくなるかもしれません。

本気でセックスを学びたいアナタへ

↓管理人おすすめのセックステクニック教材

瞬間昇天【神快】
女性を性の快楽の頂点に導くには、何が必要なのか。

それはもちろんテクニックもあるが、それと同じくらいに大切なのは「女性の心を昂ぶらせる」ということなのだ。

心を限界まで昂ぶらせ、脳から興奮物質が分泌されまくっているときに、正しいセックステクニックを持ってして挑めば女性はどんな反応をするであろうか。

それこそ「イク」という生易しいものではなく、まさに「逝く」という超快楽のレベルに到達するだろう。

女性を超快楽の次元へと逝かせるセックスとは「女性の心を極限まで昂ぶらせ、脳から興奮物質を分泌させまくった後に、正しく強烈なテクニックで抱く」ということである。


(レビューページに飛びます)

特典

中級者向けセックステクニック

ABOUT US
タロスケセックスアドバイザー
これまで抱いた女性は200人以上。 50人辺りまではただ自分の性欲を満たすためだけのセックスをしてきましたが、一人の女性と出会い、そこから「女性のためのセックス」をするように心がけてきました。 現在では8割型の女性をイカせれるようにもなり、女性を幸せにできるセックスとは何かを模索し続けています。