なぜ男は女性をセックスでイカせようとするのか?その5つの理由とは?

なぜ男は女性をイカせようとするのか?その心理とは?

女をイカセてやりたい・・・。

これはある程度、セックス経験を積んできた男性であれば、誰しもがこう思うことでしょう。

ではなぜ、男性が女性を「イカせてあげたい」のか、その理由と心理をご説明したいと思います。

大前提として「女もイク」という事実を知っている

男が女をイカせたがる心理の大前提として、女もセックスでイクという事実を知っているということがあげられます。

実は「女性もイク」という事実が世間に広がったのは、本当にここ最近のことなんですよね。

メディアがほとんど限られていた時代は、女性の性に対しても閉鎖的なものがありましたし、そういったセックスに関する情報はかなり限られたものだったそうです。

結局のところ、セックスは実践を通してでしかわからなかった部分が多いため、女性をイカセたことのない男性は女性だってイク事があるということを知りませんし、女性自身もそういうことが自分の身体に起こるということを知らなかった人も多いそうです。

しかし、現在となっては「女性もセックスでイク」という事実が知れ渡ってしまったのなら、男性側としてもイケるものならイカせてやりたいという気持ちが生まれるのも当然です。

好きな女の子だからこそ

男性のイカせてあげたいという願いが、時として女性に心理的な負担や肉体的な負担をかけてしまうことも多々あります。

しかし、男性は「射精」こそがイクということを知っており、そのイクという快感を、大好きな女性に知ってもらって、一緒にそのイクという気持ちよさを共有したいののです。

もしくは、好きな女性であるからこそ「イク」という悦びを与えてあげたいという男としての奉仕心もあるのです。

それに、男性はセックスでは基本的に射精をして「イク」ものですが、女性はセックスで必ずイケるかというとそういうわけではありません。

そして女性もイクということができることを情報として知っているからこそ、自分だけがイクのは何か心のなかにもすっきりしないものが芽生えてくるのです。

 

イクというのはひとつの区切りだと思っているから

ひとつのセックスが終わる瞬間、セックスにおける一つの区切りとして「男性の射精」というものがあります。

正確にはそこでセックスが終了というわけではありませんが、自分がイクことによってセックスに一区切りつけるということを女性にも求めてしまうということです。

確かにイクというのは、区切りとしてこれほど分かりやすいものはありません。

自分じゃないとイケない女にしたい

男にもやはり独占欲や支配欲があるので、その女性を自分じゃないとイケない女にしたいと思いますし、その女性を自分のペニスやテクニックでイカせることによって、初めて支配したような気持ちになれるものです。

とくに、偶然イカせただけではなく、自由自在にその女性をイかせることができるようになれば、まさに支配したかのような快感がこみ上げてくるのは間違いありません。

自分の自信になるから

上記のことをひとまとめで表現すると、ずばり「自分への自信になるから」です。

自分への自信になるということこそが、女性をイカセたいという男の心理です。

あなたが過去に女性をイカせたことがある男性であったのなら、その瞬間はきっとすごく自分に自信を持ったはずです。

実際に僕自身は今でも、僕自身のテクニックでその女性が生まれて初めて絶頂を体験させてあげた際は、自分自身にすごく自信を感じることが出来ますし、満足感がすごいです。

正直、それは処女の女性とセックスをした時以上に、自分がその人の初めてになれたような気がするからです。

しかし、それを考えると女性のためにイカせてあげるのではなく、自分の自信のためにイカせてあげるということでもあります。

つまり、女性をイカセてあげたいというのは、どこか女性のためのセックスではなく、結局は自分自身のためのセックスをしているということでもあります。

女性がイクことができるセックスと、心から満足するセックスは違います。

女性が心から絶頂を感じることを望んでいるわけではないのであれば、イカせることにこだわらず、女性が望むようなセックスをしてあげてください。

イカせたほうが何だかんだでセックスは楽しい(笑)

自分への自信になるから・・・というのとは少し違いますが、女性を1度でもイカせることができると、その女性の体と脳はイキグセみたいなものが付いてきますので、これからのセックスが楽しくなります。

難しいテクニックを使わずとも簡単なことでイク女性へと変貌するので、そういう女性とのセックスは本当に楽しい。

これを知っている男性はやっぱり、とりあえずセックスでイケる女性に仕上げたくなっちゃいますよね。

基本的に、無理に女性をイカせようとするのは、女性にとってストレスになったり身体への負担になったりするのでダメならダメで諦めるのがいいですが、せっかくならイカせてあげたほうがいいのは言うまでもありません。

ABOUTこの記事をかいた人

これまで抱いた女性は100人以上。 50人辺りまではただ自分の性欲を満たすためだけのセックスをしてきましたが、一人の女性と出会い、そこから「女性のためのセックス」をするように心がけてきました。 現在では8割型の女性をイカせれるようにもなり、女性を幸せにできるセックスとは何かを模索し続けています。