風俗嬢を練習相手にしてもセックスは上手くならない?テクニックは磨かれない?

風俗嬢を練習相手にしてもセックスは上手くならない?テクニックは磨かれない?
セックステクニックを磨くのであれば、やはり実践練習は非常に大事です。
 
彼女もセフレもいないという男性が、もっとも手っ取り早くセックステクニックの練習相手にできそうな女性を想像するのであれば、真っ先にデリヘル嬢などの風俗嬢を想像するでしょう。
 
電話一本で呼んで、プロセスなしに身体を重ね合うことが出来ますからね。
 
しかし、デリヘル嬢などの風俗嬢は本当にセックス相手として最適なのでしょうか?
僕としては、少々疑問に思うところがあります。
 

あくまで「客」と「嬢」という関係である

 
女性がセックスで気持ちよくなれるかどうかは、やはり女性の心の持ち方次第というのはあります。
 
お金を払っている以上、風俗嬢は仕事として服を脱ぎますしサービスするわけなので、お客さんと接待する側という関係性が出来上がっています。
 
 
やはり、女性の方も大好きな男とセックスをするというわけではないので、気持ちになかなかスイッチが入らないこともあるでしょう。
 
 
女性が心からイクための条件としては「男に心も身体もすべてを委ね、心を解放させる」ということがカギを握るのですが、そういう関係ではなかなか難しいでしょう。
 
女性にとってはセックスの内容も大事ですが、なによりもそこに至るまでのプロセスも大事にしますし、そのプロセス次第でセックスの気持ちよさも変わります。
 
女性向けのAVも、セックスの内容以上に、そこに至るまでのプロセスを時間を使って見せていますしね。
 
なので、電話をしてお金を払えばヤレる関係ではそういうプロセスなんてないわけです。
 
 

あえてイカないようにしている風俗嬢も多い

セックスでイカない風俗嬢
 
あとどんなに気持ちよくても、なるべくイカないようにしている風俗嬢も多いのも事実です。
 
というのも、やはり女性もイッてしまうと非常に体力や気力を消耗して疲れていまうからです。
 
男性も、射精してイッてしまうと賢者タイムになる以外にも、なんだかんだで体力的な疲れが出ることでしょう。
 
これからも仕事をしなきゃいけない風俗嬢としては、そこでイッてしまっては今からの仕事に支障が出るので、イキそうでもイカないようにしている風俗嬢も多いそうですよ。
 
そもそも、セックスは非常に体力を使うものですし、ましてや身体でサービスをする側であればなおさらですからね。
 

風俗嬢をセックスの練習相手にするのは結局アリなのかナシなのか?

 
僕としては、場合によってはアリとも言えますし、ナシとも言えます。
 
 
ナシというのは、やはり風俗嬢はなかなかイキにくい女性が多いので、そんなイキにくい女性ばかりに当たっていると、「セックスで女性をイカセルことができない男」として自分の中からセックスに対する自信が無くなっていきます。
 
アリという場合は、そのプロセスを含めた部分でも練習ができるという場合です。
 
たとえば、時間をたっぷりとって前半は風俗嬢とのトークタイムに割り当て、少しでもそのセックスに至るまでのプロセスを演出するかなどの練習。
 
また、指名なしのフリーではなく、気に入った風俗嬢を何度も指名し、お客さんと嬢を超えた信頼関係を築いたり、少しでも「心許せるお客さん」という立場になれば、風俗嬢の方もあなたとのセックスを純粋に楽しめるようになるでしょう。
 
 

セックスの練習相手として最適な関係は?

 
セックスの練習相手として最適なのは、もちろんセフレという関係です。
 
もっと言えば、セフレでも彼女でも奥さんでもいいので、ひとりの女性を深く永く愛し、ひとりの女性を深く知ると同時に完全攻略している状態でありながら、他にも広く浅く女性とセックスをしていくこと。
 
やはり女性は本当に十人十色で、セックスに対する感じ方や価値観もバラバラなので、多くの女性を知るということも大事です。
 
あくまでセックステクニックというものは、その女性その女性ひとりひとりに合わせて構築していかなければなりませんからね。
 
経験として、女性ごとにセックスの仕方を変えなければいけないということがわかれば、初心者は脱出でもあると思います。
 
セフレがひとりも今いないのですがという方は、こちらの僕が行っているセフレの作り方を参考にしてください。
 
出会い系サイトなんて使わなくても、面白いくらいに女性の方から「あなたとセックスがしたい」というメッセージが届きます。

本気でセックスを学びたいアナタへ

↓管理人おすすめのセックステクニック教材

コトバと愛撫の8つのテクで狂ったようにバンバン女性をイカせる秘術


中級者から上級者にステップアップしようと思ったのであれば、これは間違えなく避けては通れない教材であると思います。

セックステクニックや女性をイかせる方法は、技術的なテクニックだけでは足りません。

ほんとうの意味で女性を究極の快楽に堕とすには、「脳」への愛撫をし、女性の理性を崩壊させなくてはなりません。

その最も近道であり手っ取り早い方法が「言葉責め」です。

といっても、恥ずかしがり屋さんの多い日本人はあまり言葉責めは苦手という方も多いかもしれない。

しかし、言葉責めは女性がもっとも男性にして欲しいセックステクニックであると同時に、誰もやらないからこそ、女性にとって重宝される存在になれるのです。

石井哲平さんがセックスの帝王として君臨し続けているのは、この言葉責めをマスターしたからとも本人は豪語しています。

言葉で脳を愛撫する・・・これこそ僕としても女性を究極の快楽に導くための手段であると思います。



(レビューページに飛びます)

特典

中級者向けセックステクニック

ABOUTこの記事をかいた人

これまで抱いた女性は100人以上。 50人辺りまではただ自分の性欲を満たすためだけのセックスをしてきましたが、一人の女性と出会い、そこから「女性のためのセックス」をするように心がけてきました。 現在では8割型の女性をイカせれるようにもなり、女性を幸せにできるセックスとは何かを模索し続けています。