全身を焦らす上手なフェザータッチのやり方

上手なフェザータッチのやり方

あなたはフェザータッチというセックステクニックを聴いたことがありますか?
これは指先で女性の身体をなぞり、全身にゾクゾクとした電流のようなものを走らせ、
全身の性感を高める高める焦らしのテクニックです。

天使の羽が触れるような感じで悪魔的な焦らしを

フェザータッチ

セックスにおいて女性を焦らすことは、その後の快感を2倍3倍と倍増させるために非常に有効なテクニックなのですが、この焦らしの中でも強力な部類に入るテクニックがこのフェザータッチです。

指先でフェザータッチを上手にやることで女性の全身はゾクゾクとしだし、女性器や乳首など女性の性感帯を代表にデリケートな部分に神経が集中し始めます。なんというか、疼いてくるそうです。

そしてフェザータッチをしたあと、最も神経が集中していた乳首やクリトリスに少し触れただけでビクンとなってイッてしまう女性だっています。

最初はくすぐったいという女性にももうちょっと続けていればだんだんと
そのフェザータッチだけで感じてしまうようになってきます。

地味なセックステクニックですが、実はこれ、結構多くの女性に有効であったりもします。

僕はMっけの強い女性に「俺は服をきるからここでオナニーしなさい」と命令したら
僕の目を見つめながら自分で自分の体にフェザータッチを始める女性がいました。

そこで(なるほど!)と思い、このフェザータッチというものがセックスの中で
実は女性に望まれているテクニックなのだなと確信した次第です。

実際、このテクニックはガサツさを感じさせず、指先だけやさしく行うテクニックなので「優しく扱われたい」という女性の本能をも満たすことが出来るテクニックというのもあるかもしれません。

ネットでヤレる女を探す方法、セフレの作り方、オフパコ、色々教えます!

フェザータッチの基本的なやり方と注意点

フェザータッチのやり方

このフェザータッチを上手にすることで、女性が感じる敏感さを2倍3倍にも増幅できるテクニックなのですが、これを下手にやると本当にくすぐったいらしく、多少はくすぐったいよぉと言われるかもしれませんが、女性が笑い出してしまうくらい本気でくすぐったくさせてしまったのならやめてあげてください。

ポイントは、肌や産毛に触れるか触れないかというくらいにです。

このフェザータッチは女性の乳首や乳輪の周り、そしてクリトリス周辺はもちろんですが、ふくらはぎや横腹などを下から上になぞるような感じでフェザータッチしてゆくとよいでしょう。

フェザータッチのポイント図解

矢印の方向に沿ってフェザータッチをしましょう。

また、体勢的には女性を横にさせてからでもいいのですが、おすすめは女性の後ろになって女性の背もたれになるような感じで身体を密着させ、そして女性をM字開脚させながら行うのもラブラブ感があり、エロスも感じさせるのよいですよ♪

この時にも「早くここ触ってほしいの・・・?」と優しい言葉責めも一緒にしてあげることで効果アップです。

女性の体をゾクゾクさせて焦らし、電流のような快感を与えることが可能なフェザータッチについて
詳しくディープに会得したい方はこちらの究極のフェザータッチを会得できるセックス教材を御覧ください。

世界で唯一このフェザータッチの流れやコツについてディープに解説してくれる内容です。

本気でセックスを学びたいアナタへ

↓管理人おすすめのセックステクニック教材

500lts


ある程度セックスに理解を深め、女性を第一に考えたセックスが出来るようになったら一番見てほしいセックス教材です。

プロのセックスを観て盗むというシンプルなコンセプトのテーマだが、この盗むための映像が女性から見ても「こんなふうに抱かれたい」と思わせるほどエロくて情熱的で愛を感じさせることのセックスなのだ。

セックスの勉強をしているのであれば、絶対に観てほしい真似てほしいという映像がここにあります。

こういった雰囲気を出してセックスをすることができれば、多少テクニックが下手であっても雰囲気や求められているという喜びが、女性の中から興奮物質を出すことができ、脳みそからとろけさせることが可能になるだろう。

もちろん、雰囲気だけではなくテクニックも威力が高く、しっかりとした解説で説明される。


(レビューページに飛びます)

特典

中級者向けセックステクニック

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

これまで抱いた女性は100人以上。 50人辺りまではただ自分の性欲を満たすためだけのセックスをしてきましたが、一人の女性と出会い、そこから「女性のためのセックス」をするように心がけてきました。 現在では8割型の女性をイカせれるようにもなり、女性を幸せにできるセックスとは何かを模索し続けています。