上手なクンニのやり方・テクニック

上手なクンニの仕方

おまんこを舌や唇で舐めて性的刺激を与えるのがクンニというセックステクニックです。

正式名称はクンニリングスで、略称がクンニですね。

クンニをしてほしいのに彼氏がしてくれないという女性も多い

女性がしてもらう前戯の中ではこのクンニリングスで、前戯の中で一番長い時間をかけてしてほしいものだそうです。

そう言われているように、このクンニの仕方次第では、激しい手マンや指マンなどの前戯テクニックよりも身体への指摘刺激以上に舐めてくれるという愛情を感じ取ることができ、圧倒的に女性にとって大きな快感と満足感を与えることが出来ます。

個人的な意見を述べるならば潮吹きを必死に覚えるくらいならこの上手なクンニの仕方を真面目に覚えるほうが、あなたのためでもあり彼女のためでもあるのはないでしょうか。

ちなみに、セックスの時はフェラチオをして欲しい男性が多いように、女性の方もセックスではクンニをして欲しいという意見が大多数です。

ただ、以外に多くの男性がクンニをしてくれない、もしくはしてはくれるが時間が短かったり、下手であるというのが現実です。

どうしてクンニは気持ちいいのか?

クンニの気持ちよさ

クンニといえば、フェラチオの対義語のような感じもしますが、男性が女性にフェラチオしてもらうと気持ちいいのと、女性がクンニをしてもらって気持ちいい理由は少々違います。

クリトリスもペニスの亀頭も、感度や構造こそ違えど人体的にみれば一緒の部分であり性感帯でもありますから、そこを刺激されれば気持ちいいのは共通です。

図解と画像でわかるクリトリスの場所とは?気持ちいい責め方や愛部の仕方まで教えます。

2018.04.28

しかし、肉体的な気持ちよさの種類は似通っていても、精神的な部分では逆です。

男性がフェラチオされて気持ちいい精神的な理由は、自分の汚いものを女に咥えさせているという支配欲や、その光景による視覚的な気持ちよさです。

対して、女性がクンニで気持ちいい精神的な理由は「羞恥心の開放」というところにあるのではないでしょうか。

男性は自分のペニスを何故かやたらと女性に見せたがるものですが、女性はその逆で男性に自分の女性器を見られるが恥ずかしいというのが多数なのですよね。

自分のあそこが汚くないか、臭くないか、グロくないかとか、いろいろ気にしてる女性が多いのも事実。

しかし、そのオマンコを男性の目の前に晒しジロジロと見られることで羞恥心が湧いてきてそれがM的な快感が呼び覚ますと同時に、そのオマンコを舐められることで受け入れられているというある種の安心感も気持ちよさへと変わるのです。

もっとも、女王様気質の女性であれば、男性と同じように「舐めさせている」というシチュエーションで気持ちよくなるというのも少数派ながら存在しますが。

クンニするより先にとにかく女性を焦らしましょう

クンニの前に焦らす

クンニと言ったら、多くの男性が一気にクリトリスを舐めだすものですが、最初からクリトリスを舐めてはいけません。

ネットでヤレる女を探す方法、セフレの作り方、オフパコ、色々教えます!

上手なクンニの仕方において忘れてはならないのが、とにかく焦らすことです。

焦らして焦らして早くクリトリスを舐めてほしいと思わせるくらいに、焦らすことが重要なワケです。

焦らしのテクニッック(女に欲しいと言わせる焦らし方)

2016.11.03

とりあえずは、大陰唇にキスをしそこを舐め、次に小陰唇にも似たようなことをします。
これを4~5回繰り返し、クリトリスへの期待を高ぶらせます。

それから、次はクリトリスの周辺も舌先で舐め回すように焦らして、クリトリスの神経を集中させるように気を付けてください。

クリトリスへの神経集中と期待が大きくなってきた頃に、舐め始めることが重要です

また、クリトリスはかなりデリケートなスポットですので、最初は皮は剥かないで皮の上から責めるようにしてください。

クリトリスは舌で円を描くように舐め、ときどき上下に舐めるように動きを変更します。

舐めるだけではなく、吸うような形にテクニックを変更することもおすすめじゃよ☆

→女を焦らしまくって性感を高めるフェザータッチのセックステクック

 

クリトリスの先っぽだけをクンニすればいいというものではない

クンニの方法

クンニと言えば、舌先でまじまじとクリトリスの先端を舐めまくるものだと考えていたが、クリトリスと一言でいえども、あの小さな器官には先端だけではなく根本や側面という部分もありますよね。

先端、側面、根本、ひとつひとつを自分なりに舌先や舌の表面、舐める強さやビートなど、幾つものクンニのやり方を試してみて最も反応の良かったものをメインとして責めたほうがいいでしょう。

僕自身の経験としては、多くの女性がクリトリスの下から上に舐めあげるようなクンニが一番気持ちよがっているということが多いのですが、全ての女性がそうではないので、本当に色々と試してみてください。

しっかりとクンニをしながらも、女性がどういうクンニの方法で身体がビクンと反応したかも、しっかりと観察していなくてはいけません。

それを見つけたのであれば、ひたすらそれを繰り返すようにクンニすればいいのです。

また、舌でクリトリスをクンニするだけではなく、同時に膣内を手マンしたり乳首なども愛撫したりすることで複数の性感帯に同時に刺激を与えることが出来、快感の相乗効果もありますので、舌だけではなく手でも愛撫をするようにしましょう。

クリトリスをクンニしたというだけですぐにイッちゃう女性は少ないですが、男性が手コキよりもフェラのほうが好きな様に、女性も手で愛撫されるよりも、じっくりクンニされたほうが好きなのです。

言うまでもなく、クンニでイカせるにはある程度の時間と忍耐が求められますが
それも一種の愛情表現して頑張ってあげて欲しい所です。

クンニは決して焦らず、とことん時間かけてあげ、
そして女性の反応を観察しながら行うのがポイントよ♪
→女性を必ずイかせる一撃必殺のクンニテクニック

 

本気でセックスを学びたいアナタへ

↓管理人おすすめのセックステクニック教材

膣イキ記憶術パーフェクトビデオ

世の中の女性の約5割は、セックスで「イク」という経験をしないらしい。

そして更にその半分は、クリトリスでイク外イキであって、中イキではない。

そう、中イキ(膣イキ)とは世の中の女性の25%しか体験することのないのだ。

中イキは、クリトリスでイクものにくらべて遥かに強く深く強烈な快感が全身に広がるものである。

そして女性は、自分にはじめての「中イキ」をもたらしてくれた男性に対して、まるでひな鳥が初めて見たものを親だと思いこむように、依存してしまう傾向がある。

自分をイカせてくれた男性こそ、運命の男性であるかのように。

そんな強烈な快感なのに、どうして25%の女性しか体験できていないかというと、女性の体質なども多少は関係するが、その多くの原因は、男性側の知識不足、テクニック不足、そして「中イキをプレゼントしてあげたい」という思いが欠如しているからである。

だからこそ、セックステクニックの深淵を学ぼうとするあなたには、当たり前のように女性を「中イキ」させるだけの知識とテクニックは身につけておいてほしいと思う。

女性の膣内の全5箇所、そのそれぞれを指かペニスでイカせる方法を、オムニバス形式でまとめてある。

セックスマスターを目指すため、最愛の女性にセックスにおける究極の快感をプレゼントするため、または狙った女性を中イキさせて快楽の虜にしセフレにするために。

女性の「膣内を支配し掌握すること」それは、女性そのものを支配することにあたるのです。


(レビューページに飛びます)

特典

中級者向けセックステクニック

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

これまで抱いた女性は200人以上。 50人辺りまではただ自分の性欲を満たすためだけのセックスをしてきましたが、一人の女性と出会い、そこから「女性のためのセックス」をするように心がけてきました。 現在では8割型の女性をイカせれるようにもなり、女性を幸せにできるセックスとは何かを模索し続けています。