最強体位『ロールスロイス』の正しいやり方を大解説!しみけんに学んだコツや方法とは?

モテ会話マスタープログラム
最強体位『ロールスロイス』の気持ちいいやり方を大解説!しみけんに学んだ中イキのコツや方法とは?

今回は最強のセックス体位の一角である「ロールス・ロイス」という体位について深堀りして解説していきたいと思います。

個人的に最強の体位は、静の寝バックと、動のロールスロイスという感じです。

しっかり覚えて実践することでとても強烈な快感を与えることができるので、中イキやポルチオイキを狙いたいのであれば是非とも覚えておきたい体位の一つです。

ロールスロイスとは?

ロールスロイスの画像解説

最近では一般層にもこのロールスロイスという名前の性交体位が広がってきたような気もする今日このごろですが、これは後背位(バック)の派生系の体位です。

なぜロールスロイスという名前なのかというと、これはこの体位をしたときにイギリスの高級外車であるロールスロイスのエンブレムにそっくりな形になるからということと、その気持ちよさも最高級であるというところからAV男優のしみけん氏が命名した体位となります。

ロールスロイスのエンブレム
ほんまにそっくりじゃの(笑)

あくまで命名したというだけで、この体位自体はそれ以前からも存在し、体位48手では『抱えどり』というものがこれに当たります。

これはバックの姿勢から、女性の方が膝立ちで脚を閉じ男性の両足の間に入り、男性は座ったまま両脚で女性のお尻を挟み込むようなスタイルで肩を支えたり二の腕を持ったり、胸に手を回すようにして女性が体勢を崩さないように支えながら、後ろから突き上げるようなピストンをする体位となり、女性が中イキしやすい体位の中でも最高クラスの破壊力を持っています。

なにより通常のバックではピストンしたときにどうしてもその衝撃で女性の体も前へ動いてしまい、ピストンの刺激を逃してしまう形になりますが、ロールスロイスであれば女性の体をしっかりと支えるため、そのピストンの刺激をダイレクトにポルチオなどに与えることができます。

Gスポットイキはもちろん、しっかりとポイントを狙うことでポルチオイキも難しくはなくなりますし、それだけではなく、手の位置次第では、ポルチオ、Gスポット、乳首、クリトリスの4点を同時攻めすることも可能です。

ちなみに、東京の某所でAV男優5人が集まり開催された「ちんぽサミット」なるもので、5人中4人のAV男優がこのロールスロイスが最強の体位と言ったという話もあります。
セックスで女性を中イキさせやすい3つの体位とは?(寝バックやロールスロイスなど)

正しいロールスロイスのやり方(体位変換)

それでは実際にロールスロイスにスマートに体位移行する方法と、ポルチオとGスポットをしっかり狙って中イキさせる気持ちいいピストンテクニックを紹介したいと思います。

1,バックから移行する

まずは普通のバックから。

ロールスロイスはバックの派生系の体位ですので、いきなりこの体位をするよりも、まずは普通にバックをしている最中にロールスロイスに持っていくのが自然かつスマートなやりかたです。

もちろん、いきなり女性に正座してもらって行うのもいいのですが、自然なのはバックからの移行でしょう。

いつもどおりバックで挿入してピストンをしているときにピストンを止め、ペニスを挿入したまま一度自分の体を後ろに引きながら女性のお尻などを下に押して正座スタイルになるように誘導しましょう。

もちろん、このときにしっかりと女性の両脚が閉じていることを確認してください。

このときに一緒に上半身も起こしてもいいのですが、そのままの正座バックのスタイルを間に挟んでも良いでしょう。

2,女性の上半身を起き上がらせる

バックからすぐに移行か、正座バックを挟んでの移行のどちらでもいいですが、女性の肩を持ち、いよいよロールスロイスの体勢へと移行します。

正座のまま上半身を浮かせるときは、とてもバランスを崩しやすいタイミングですので、しっかりと女性の体を支えてあげてください。

それと同時に、女性の膣の位置もかわるタイミングでありますので、ペニスも抜けやすい瞬間でもありますので、ペニスが抜けないように意識しながらも女性の体のバランスが崩れないように意識することもあっていろいろと忙しい時でもありますが、ここが踏ん張りどきです。

 

3,女性の体をしっかりと支える

ロールスロイスのコツ

もちろん、女性の上半身を起こしただけではダメで、しっかりと支えてあげ続けなくてはなりません。

このときに、肩をしっかりと持って支える、二の腕をしっかりろ掴む、細身の女性であれば胸に手を回して体の前から支えるなど、その女性の体型などに応じて色々と試してみましょう。

ちなみに、こうしてしっかりと力強く支えることで、女性からすればあなたに対して「男としての頼りがい」「力強さ」を感じてキュンとすることもありますし、しっかりと支えるからこそ支配しているような気分になり、また女性の方も支配されているという気分になって、肉体的な気持ちよさだけではなく、メンタル的な盛り上がりにもなります。

4,チェックポイント

ロールスロイスを横から見た画像

ロールスロイスは強烈な体位である分、なにかとそれを成立させるための条件が複雑で、何かがズレていると思うようにその効果を発揮しません。

そこで、ここでいちど状況を確認してみましょう。

正しいロールスロイスのチェックポイント
  1. 女性の脚はしっかりと閉じている状態になっているか
  2. しっかりと女性の体を支えてあげれる体勢になっているか
  3. ペニスはしっかりと挿入されているか(抜けやすくはないか)
  4. しっかりとポルチオなどの膣奥まで届かせることができるか
  5. 女性の体勢が痛みが走るほど無理な体勢をしていないか

この5つを瞬時に確認してから、ガッツリとピストンを行うようにすると良いですよ。

ただし、セックスに絶対というのはありえませんので、慣れてきたら状況や女性の体格などに合わせて行いましょう。

5,さらに気持ちいいロールスロイスのテクニック

先程のチェックポイントをクリアしたら、いよいよピストン開始です。
そのまま何も考えずピストンしても十分に気持ちいいことにはなるのですが、さらに気持ちよくなるようにしたいですよね。

ロールスロイスの基本は、Gスポットをかすめて刺激しながら、ポルチオも刺激することができるという点です。

なのでペニスに一度意識を持っていき、しっかりと女性の植え側の膣壁にあるGスポットをかすめているかを意識したり、しっかりと亀頭が膣奥まで付けているかを意識しながらまずはピストンしていき、しっかりと女性が気持ちよがるペニスの挿入角度や深度を見つけたらそれを繰り返していきましょう。

最初の方はロングストロークでピストンしてもいいですが、段々と女性がさらに気持ちよくなってきてイキそうな素振りを見せ始めたらストロークはショートストロークにし、亀頭の先でグイグイとポルチオのその先の子宮を狙うかのようにグイグイと押し進めるようなピストンに変更するのがベターです。

また、ロールスロイスをしている中で女性をしっかりと支えることに慣れてきてバランスが取れるようになってきたら、片方の腕は女性の手前側で支えようにするのと同時に、指で乳首をいじったり、もう片方の手でクリトリスまで指を伸ばして、乳首、クリトリス、Gスポット、ポオルチオの4点責めを行うとさらに強烈な快感を与えることができます。

ロールスロイスでポルチオや乳首などを四点責め

ポルチオイキできる女性の場合は、逆に乳首やクリトリスへの刺激が邪魔になって意識を子宮に集中させれないこともあるので、そういう女性の場合は一旦底で乳首とクリトリスをイジる手は止めましょう。

図解と画像でわかるクリトリスの場所とは?気持ちいい責め方や愛部の仕方まで教えます。

立ちロールスロイスというのもある

立ちロールスロイスの画像

ロールスロイスのさらに派生系の体位として「立ちロールスロイス」というものもあります。

その名の通り、立ちバックのスタイルでロールスロイスを展開するというものです。

ネットでヤレる女を探す方法、セフレの作り方、オフパコ、色々教えます!

立ちバックというと、女性は壁などに手を付き男性は女性の腰などを支えてピストンする形が基本ですが、立ちロールスロイスの場合は、男性が脇の下から手を回して女性の肩の前を持って支えるような形を取り、女性の方は上半身を起こしながらも少し背中を反らせるような形をキープさせます。

このときに女性のかかとが浮いていたりすると体勢が不安定になってペニスを挿入するのも難しくなりますし、なによりピストンしたときに不安定な体勢なので狙ったポイントの軸がブレてしまいます。

かといって内股になっていたりすると、ピストンしたときの衝撃で女性の踏ん張りが効かないなどもあります。

立ちロールスロイスの場合は、身長差などで上手くポルチオやGスポットなどを狙って責めることが難しい場合もありますし、女子側の体勢もベッドの上のときよりもキープしにくいことがほとんどなので無理して行う必要はありません。

中イキさせるための膣内の性感帯一覧!Gスポットやポルチオなど

また、ロールスロイスのベースは後背位となりますが、正常位版のロールスロイスともいうべき「深山本手」という体位もありますので気になる方はチェックです。

48手体位『深山』のやり方!正常位派生の中イキも狙える深い挿入が人気の体位!

気持ちいいロールスロイスを行う上での注意点

ロールスロイスの注意点

ロールスロイスは非常に攻撃力の高い体位ではありますが、そういった体位こそ多くの注意点があり、このロールスロイスもそれに漏れず色々と注意点がございます。

男女ともに身体にそこそこ負担がかかる体位

へとへとになる

ロールスロイスは男性の場合はしっかりと女性の体を支えながら、座った状態でピストンをしなければなりませんし、女性の方は支えられていると言っても足を閉じたままの膝立ちで背中を反らせて半立ち状態、その上でさらに男性に強烈なピストンをされているわけですから男女ともに非常に身体に負担のかかる体位となります。

つまりこの体勢自体が、セックスに置いて不自然な体勢ということです。

そういった意味では、お互いの体力的な意味では長時間この体勢をキープするのは難しいですし、かといって男性側の方だけ余裕でいると、女性の方に体の負担がかかっていることに気が付かずあとで険悪なムードになってしまう可能性も少くはありません。

とくに、ロールスロイスに移行したのになかなか相手の女性がイカないからと、無理をして長時間ロールスロイスの体勢を維持するのは女性にとってよろしくはないので、諦めも肝心です。

女性のどこを持って支えるかをしっかり把握しておく

ロールスロイスでは男性が女性の身体の一部を持ってしっかりと支えていなくてはなりません。

それは、

  1. 肩を掴む
  2. 二の腕を持つ
  3. 胸に手を回す

などの3パターンが基本でしょう。

しかし、肘より先の腕の部分を持ってしまうと、女性の身体のささえが不十分になり、ピストンの際に衝撃が吸収されるように身体が前に押し出されてしまいます。

それだけならまだいいのですが、最悪の場合は腕が脱臼してしまう危険性もあるので、この体位に移行する際は女性のどこを持つかをしっかりと今一度意識して安全に行うようにしましょう。

しっかり支えて軸をぶらさないように

ロールスロイスは男性もしっかりと持つべき部分を持って体を支えてあげないと威力が半減するという制約がありますが、女性の方もしっかり脚を閉じていないと威力が半減するという制約があります。

でないと膣内全体にペニスを圧迫させるような気持ちよさは与えられませんし、ペニスの進行方向がずれて的確に奥を狙えなくなるということもあります。

ただ、女性からは脚を無理に閉じるよりも開いたほうが気持ちいいし長時間その体勢で居られるという意見や、身長差的に脚を開いてもらったほうが男としても体勢をキープしやすくピストンしやすいという場合もあります。

何かと制約の多いロールスロイスですが、相手の体格や意見に合わせてその都度いろいろと試してみるという寛容性も大事になってきますね。

いきなりやるのはNG

なにかと攻撃力の高いロールスロイスだからこそ、挿入開始直後にいきなりこの体位に展開するのは辞めておいたほうがいいです。

それにはいろいろと理由があるのですが、女性の膣無いというのは体と心の興奮具合でも変わってきますし、まだまだ膣内をほぐしていないのであれば硬い状態です。

そんなときに奥までずっぷりとペニスを突き刺すロールスロイスに移行すると、相手の女性を痛がらせてしまう可能性が出てきます。

また、いくら中イキさせやすい体位と言っても、挿入を開始してすぐにイケるという女性もそこまで多くはありません。

仮にすぐにイケるとしても、そんなにすぐにイッたところでそこまで大きな快感の波が押し寄せてくるわけではありませんので、せっかくイカせるならたっぷり気持ちよくしてからイカセたほうが大きな快感の波が襲ってくるのです。

そういった意味では、ロールスロイスは長時間維持できる体位でもありませんので、しっかりと女性の心と体を準備させたあとの、本気でイカせにいく必殺の体位としてセックス中盤から後半に取っておくのが良いですよ。

早漏の男性は注意

このロールスロイスの特徴として、女性の脚を閉じさせてしっかりと膣を締め付けることで女性の膣全体に強い圧迫感を与えることで気持ちいいというのもありますが、とうぜん膣内を圧迫すると男性のペニスも圧迫されて気持ちいいのは間違いないのですが、早漏の男性には当然のようにきついですよね。

そうです、ロールスロイスには女性によりも男のほうが早くイッてしまうという「自爆」の可能性も少くはありませんし、とくに早漏気味の男性であれば余計にその可能性が高くなるという両刃の体位でもあります。

せっかくロールスロイスに体位転換していざイカセにかかろうと思っても自分が早くイッてしまっては元も子もないですし、女性に対してもこの最高級の時間をほんの数秒で終わらせてしまうのは情けなくなります。

もちろん、ゴムなしセックスであればうっかり暴発させて妊娠させてしまう可能性もありますし、妊娠せずとも女性にそういう心配をかけさせてしまっては男としては失格です。

早漏男性の場合は、しっかりと早漏トレーニングをした後に行うか、もしくは自分の気持ちよさは半減してしまう可能性はあれど、極厚コンドームや早漏防止クリームなどを使用して持続時間を伸ばすように予め準備しておきましょう。

009 ナチュラル
009 ナチュラル(極厚コンドーム)

早漏防止クリーム(タクアmシアン)

早漏防止クリーム(タクマシアン)

しっかりとした勃起力をキープしないと意味がない

ロールスロイスは最強クラスの体位と呼ばれるものですが、あくまでそれはしっかりとペニスの勃起をキープしていなくてはなりません。

勃起力が中途半端だと、ただでさえ女性の体に負担をかける体位となりますので、ただ負担をかけてしまっただけでそれは大きなつながらないという場合もあります。

また、ロールスロイスも最近では女性の間でもメジャーな体位になってきた感もあり、せっかくのロールスロイスに展開しても女性からは「うーん・・・残念!」と感じさせてしまうことにもなりかねません。

なのでロールスロイスを行う際はしっかりとフルボッキした状態で行うようにしましょう。

勃起力に自信がない男性の場合は、以下のサプリメントもありますので、よりセックスを楽しむためにも活用いただければと思います。

ヴィトックスαを3ヶ月使ったレビュー評価!精力剤としての効果は?

ロールスロイスのめとめ

と、今回はポルチオやGスポットをスポットをしっかり刺激でき、AV男優の中でも最強と謳われるロールスロイスという体位について深堀り解説させていただきました。

メリットやデメリットをまとめるとこんな感じです。

ロールスロイスをするのメリット
  • ポルチオ、Gスポットを同時に刺激できる
  • 中イキさせるにはベストな体位である
  • 通常のバックに比べてピストンの力を逃さずダイレクトに伝える
  • クリトリスと乳首まで刺激できれば4点責めも行える
  • 男はその女性を支配しているような気分になれる
  • 女は力強く支えてもらうと強い男に支配されている気分になる
  • マスターすることで自分の必殺技にすることでセックスに対して自信を持てるように
ロールスロイスをするのデメリット
  • 制約が多くセックス経験の浅い男性や女性には展開しづらい
  • ペニスが抜けやすい体位でもある
  • しっかりと女性の体のバランスをお互いに意識しなくてはならない
  • 長時間この体位は行えない
  • 度のタイミングでやるかを考えなくてはならない
  • 早漏には厳しい体位

最強の体位であるがゆえに、大きなメリットもありますがその分だけたくさんのデメリットも存在します。

しかし「最高級」という意味の名の冠されたこの体位をマスターすることで、自分自身のセックステクニックや女性に対する男としての自信にもなります。

やはり女性に最高級の快感と時間を与えてあげられる男ですから、しっかりと自信を持っていいですし、なによりそういう男性は常にどの時代でも女性にとっては非常に貴重で希少な存在なのです。

なので、そんな男性とセックスをした女性はセフレとして逃しません。

ロールスロイス、セックステクニックを磨くものであれば是非ともマスターしておきたい必殺体位の一つです。

ちなみにロールスロイスは、しみけん氏の動画セックステクニック指南教材「快感制覇」にも出てきますので、しみクンニと同様に完璧にマスターしたい方は、動画で見て覚えしみけん氏のテクニックをコピーするように覚えてくださればです。

現役No.1AV男優『しみけん』のセックステクニックDVD【快感制覇】

 

さらに高みを目指したいアナタへ

膣イキ記憶術パーフェクトビデオ

世の中の女性の約5割は、セックスで「イク」という経験をしないらしい。

そして更にその半分は、クリトリスでイク外イキであって、中イキではない。

そう、中イキ(膣イキ)とは世の中の女性の25%しか体験することのないのだ。

中イキは、クリトリスでイクものにくらべて遥かに強く深く強烈な快感が全身に広がるものである。

そして女性は、自分にはじめての「中イキ」をもたらしてくれた男性に対して、まるでひな鳥が初めて見たものを親だと思いこむように、依存してしまう傾向がある。

自分をイカせてくれた男性こそ、運命の男性であるかのように。

そんな強烈な快感なのに、どうして25%の女性しか体験できていないかというと、女性の体質なども多少は関係するが、その多くの原因は、男性側の知識不足、テクニック不足、そして「中イキをプレゼントしてあげたい」という思いが欠如しているからである。

だからこそ、セックステクニックの深淵を学ぼうとするあなたには、当たり前のように女性を「中イキ」させるだけの知識とテクニックは身につけておいてほしいと思う。

女性の膣内の全5箇所、そのそれぞれを指かペニスでイカせる方法を、オムニバス形式でまとめてある。

セックスマスターを目指すため、最愛の女性にセックスにおける究極の快感をプレゼントするため、または狙った女性を中イキさせて快楽の虜にしセフレにするために。

女性の「膣内を支配し掌握すること」それは、女性そのものを支配することにあたるのです。



特典

中級者向けセックステクニック

ABOUT US
タロスケセックスアドバイザー
これまで抱いた女性は200人以上。 50人辺りまではただ自分の性欲を満たすためだけのセックスをしてきましたが、一人の女性と出会い、そこから「女性のためのセックス」をするように心がけてきました。 現在では8割型の女性をイカせれるようにもなり、女性を幸せにできるセックスとは何かを模索し続けています。