初心者向けセックステクニック

スペンス乳腺を開発して責めることで強烈な快感を全身に与えることが出来るのである!

スペンス乳腺を開発して責めることで強烈な快感を全身に与えることが出来るのである!

AVをよく見る男性であれば聞いたことがあるかと思いますが、あなたは「スペンス乳腺」というものを知っていますでしょうか?

「胸のGスポット」とも呼ばれ、女性のおっぱい部分にある性感帯なのですが、ここを開発し刺激してあげることでその女性のおっぱい周りはおろか、全身をも性感帯にすることができるのです。

 

スペンス乳腺とは?どこにあるの?

スペンス乳腺とは、女性のおっぱい周りにある性感帯のことです。

場所は何処にあるかというと、下記図のように、アンダーバスト周りに集中しています。

スペンス乳腺の場所

早い話が「おっぱいの付け根」の部分にあるという感じです。

図の方では、わかりやすくおっぱいの大きな女性のイラストを用いましたが、貧乳の女性であってもちゃんとスペンス乳腺は存在しますので安心しましょう。

おっぱいそのものは脂肪の塊であり、厚い皮膚に覆われて本来であれば性感帯とはならない部分ですが、ときおりおっぱいを揉まれて女性が気持ちよくなるのは、知らずのうちにこのスペンス乳腺を刺激していることもあるそうです。

とくに、後ろからおっぱいの下を支えるようにして揉まれるのは好きという女性は少なくないのは、このスペンス乳腺に手が当たっているからでしょうね。

 

スペンス乳腺を刺激するとどうなるの?

なぜスペンス乳腺を刺激したり開発したりすると女性が気持ちよくなるのかは、まだ科学的には解明されていないそうです。(というか誰も解明しようとはしない?)

僕が思うに、ちょうどスペンス乳腺があるラインは、おっぱいのリンパ腺が通っており、そこを刺激してやることでおっぱい周りの血行が良くなり、神経が敏感になるので性感帯として機能するのではないかと仮説を立てています。

しかし、ただ触れたり刺激したりするだけでは、女性はそこでは大きな快感を得られるわけではなくくすぐったいと感じることが多いので、しっかりとスペンス乳腺を開発してやることでそこが性感帯として機能するようになるのです。

スペンス乳腺を刺激して開発すると女性にどういうことが起こるかというと、そのスペンス乳腺を中心におっぱいそのものの感度が激増するのです。

スペンス乳腺を開発された女性がいうには、そこをちょこんと刺激されただけでも全身に電気が走ったみたいに感じてしまうとのこと。

実際に僕がツイッターで出会った女性にスペンス乳腺の開発に成功した女性を責めても、あきらかにおっぱいへの愛撫だけで激しく喘いでいた光景が印象深いです。

ネットでヤレる女を探す方法、セフレの作り方、オフパコ、色々教えます!

あと、スペンス乳腺は開発さえしてしまえば刺激させること自体簡単ですし、なにより挿入中におっぱいを揉むことで、膣内への刺激と一緒におっぱいでも強烈な快感が押し寄せてくるわけですから、女性からしてみれば上と下の両方に強い快感が走っているわけです。

それこそ全身性感帯にでもなったかのように、触れられる所すべてが気持ちよくなっているはずですよ。

余談ですが、このスペンス乳腺を刺激してやることで女性にとってもおっぱいが大きくなって豊胸の効果があるとされています。

 

スペンス乳腺の責め方、開発の仕方

スペンス乳腺を開発するためのやり方としては、特別難しいものではなく基本はひたすらスペンス乳腺のラインを愛撫してあげるという感じです。

ポイントとしてはいきなり激しく責めないということですね。

また、うっかり乳首などに手などが触れてしまうと、そちらのほうが強い刺激となり、乳腺への集中が途切れてしまうことになりますので、なるべく乳首や他の性感帯などに手が触れてしまわないように気をつけてください。

まずはゆっくりフェザータッチを行うかのように指先で、アンダーバストから肩の方までゆっくりと擦るように愛撫していくことで、乳腺の神経が浮きぼられるかのように敏感になっていきます。

指先でフェザータッチをするだけではなく、舌先でなぞるのも有効です。

ある程度スペンス乳腺をフェザータッチで敏感にさせたら、両胸を手の側面で中央に寄せるようにしてグリグリと押し込んでいきます。

そういった圧迫刺激に女性の体が慣れてきたところで、指の腹などをグリグリと押し当てて「面」から「点」へと刺激するようにしていきましょう。

また、ただ指の腹を押し当てるだけではなく、ブルブルと振動させるしげきも有効です。

スペンス乳腺が開発されるまでは女性によって個人差があり、早い人で5分でスペンス乳腺で刺激を感じるようになる人もいれば、1時間刺激しても変化がない女性もいます。

スペンス乳腺の開発にはそれなりに時間がかかるので、無断でさり気なく開発を行おうとすると「いつまでおっぱい触ってるの?」と女性の中に疑問が出てくることもありますので、スペンス乳腺を開発する際はあらかじめ女性に開発することを伝えておくと良いでしょう。

もしくは、マッサージがてらに開発を行うと言うのもありですし、豊胸マッサージと言っても間違いはありません(笑)

 

スペンス乳腺を開発してからの責め方

スペンス乳腺の開発に成功し、そこで快感を得られるようになったのであれば、ピンポイントでそこばかりを刺激するのではなく、挿入中にスペンス乳腺も責めてあげるようにしましょう。

膣内で感じる快感と、スペンス乳腺で感じる快感が、まるで全身に広がっていくような強烈な快感を与えることが出来ます。

機会があればぜひとも、試してみてください。

とはいえ、個人的にはまだポルチオ未開発の女性のスペンス乳腺を開発するくらいなら、先にポルチオを開発したほうが簡単ですし女性に究極の快感を与えることが出来ますので、まだポルチオ未開発であればそちらを先に開発されることをオススメします。

女性がポルチオ(子宮)でイッた時の反応

2016.09.16
<スポンサーリンク>

本気でセックスを学びたいアナタへ

↓管理人おすすめのセックステクニック教材

膣イキ記憶術パーフェクトビデオ

世の中の女性の約5割は、セックスで「イク」という経験をしないらしい。

そして更にその半分は、クリトリスでイク外イキであって、中イキではない。

そう、中イキ(膣イキ)とは世の中の女性の25%しか体験することのないのだ。

中イキは、クリトリスでイクものにくらべて遥かに強く深く強烈な快感が全身に広がるものである。

そして女性は、自分にはじめての「中イキ」をもたらしてくれた男性に対して、まるでひな鳥が初めて見たものを親だと思いこむように、依存してしまう傾向がある。

自分をイカせてくれた男性こそ、運命の男性であるかのように。

そんな強烈な快感なのに、どうして25%の女性しか体験できていないかというと、女性の体質なども多少は関係するが、その多くの原因は、男性側の知識不足、テクニック不足、そして「中イキをプレゼントしてあげたい」という思いが欠如しているからである。

だからこそ、セックステクニックの深淵を学ぼうとするあなたには、当たり前のように女性を「中イキ」させるだけの知識とテクニックは身につけておいてほしいと思う。

女性の膣内の全5箇所、そのそれぞれを指かペニスでイカせる方法を、オムニバス形式でまとめてある。

セックスマスターを目指すため、最愛の女性にセックスにおける究極の快感をプレゼントするため、または狙った女性を中イキさせて快楽の虜にしセフレにするために。

女性の「膣内を支配し掌握すること」それは、女性そのものを支配することにあたるのです。

(レビューページに飛びます)

特典

中級者向けセックステクニック

ABOUTこの記事をかいた人

これまで抱いた女性は100人以上。 50人辺りまではただ自分の性欲を満たすためだけのセックスをしてきましたが、一人の女性と出会い、そこから「女性のためのセックス」をするように心がけてきました。 現在では8割型の女性をイカせれるようにもなり、女性を幸せにできるセックスとは何かを模索し続けています。