騎乗位でさらに女性を気持ちよくさせ悦ばせてあげる方法4選!

モテ会話マスタープログラム
騎乗位でさらに女性を気持ちよくさせ悦ばせてあげる方法4選!

騎乗位というと女性にセックスの主導権が移り、女性主体でのセックス体位という感じもなります。

そういうわけで、騎乗位という体位を正常位やバックなどで疲れた腰を休めたりする体位として使う男性も少くはないでしょう。

もちろん、そういう使い方でも間違ってはいませんが、騎乗位でも女性を悦ばせてあげたい、気持ちよくさせたいと思っているのであればちょっとしたスパイス程度に女性が男性に望む騎乗位中にしてほしいことを紹介していきたいと思います。

騎乗位のセックスピストンテクニックではありませんので、思い出したらお試しいただければです。

騎乗位中に気持ちよがっている反応を示す

気持ちよがっている男の顔

騎乗位の体勢になって女性に腰を動かしてもらうことになったら、ちゃんと気持ちよがっている反応を示してあげましょう。

凄腕スナイパーのように無表情で騎乗位をしていては、女性だけが腰を動かしているだけになり、ちょっぴり寂しさを感じさせてしまいます。

気持ちよがっている表情をしたり、声を上げたり、

「おお!いいねぇ!」

「めっちゃ気持ちいいわ」

「最高だね!」

など言葉で彼女の騎乗位腰振りを褒めたりしましょう。

すると気分が乗ってきてさらにあなた自身も気持ちよくなれます。

胸を触る

 騎乗位でおっぱいを触る

騎乗位の最中、両手は腰に回すか脇腹を持っていることもあるかと思いますが、騎乗位中の女性の胸も積極的に触ってあげましょう。

やはり両胸を触られることでよりエッチな気分にもなりますし、乳首なども一緒に刺激されると結合部はもちろん、両乳首も気持ちよくなれるわけです。

また、女性の場合は下からおっぱいを見られるのが恥ずかしかったり、一生懸命に腰を振っている姿を見られるのが恥ずかしいという女性も中には居ますので、おっぱいを触ってあげることでそんな恥ずかしさを和らげることにも貢献します。

ネットでヤレる女を探す方法、セフレの作り方、オフパコ、色々教えます!
なんにしてもセックスは触れ合いですので、騎乗位中も両手をフリーにしている時間はなるべく少なくしていきましょう。
女性の乳首と乳輪の舐め方、触り方、愛撫の仕方とは?目指せ乳首イキ!

騎上位しながら言葉責めもする

騎上位しながら言葉責め

騎乗位は女性主体な体位でもありますが、それでも女性の体だけではなく、女性の脳も気持ちよくさせたげなくてはなりません。

脳を刺激する、そう言葉責めです。

「ほら、もっとしっかりと腰を動かしな」

「すんげえエッチだね」

「しっかり精子搾り取るつもりで動かしな」

など一生懸命に腰を動かしている女性に言葉責めしてあげると、脳みそから興奮しだして、体もそれに比例するように感じていきます。

とくにドMの女性に対しては、ご奉仕のつもりで騎乗位で腰を動かしているという理由を与えるようなのもとても有効です。

一緒に動いて下からペニスで突き上げる

騎乗位中に体を休めるのは仕方ないことなのですが、騎乗位を開始して最初から最後まで体を動かさないというのはよろしくありませんね。

女性にとっては騎乗位は、自分の腰を動かさないといけませんので非常に疲れる体位でもあります。
そもそも、男性と違って女性はセックスで腰を動かすということをする機会は余りありませんから慣れていなかったりするものです。

グイグイ突き上げたり、がつんと突き上げたり、オラオラと突き上げたりピストン方法は色々ありますので、たまにでも良いので騎乗位をしているときでも、ピストンしてあげることを忘れてはなりません。

ちなみに、女性腰などを持って角度を変えてやることで、Gスポットなどの膣内の性感帯に当たることもあるので調整してあげましょう。

まとめ

というわけで今回は、女性が騎上位しているときに男性に対して望んでいることや、騎乗位中にもっと女性を気持ちよさせてやることができるような小技などを紹介させていただきました。

  • 気持ちよがっている反応を示す
  • 褒めてあげる
  • おっぱいを触る
  • 言葉責めもしたり
  • 一緒に動いて突き上げる

騎乗位で疲れた身体を休めるのも大事ですが、ちょっとしたことで女性が興奮したり幸せな気分になったり、もっとご奉仕したくなる気分になったりし、あなたと騎上位することが大好きな女性になってくれれば男としても何かと嬉しいものですよね。

本気でセックスを学びたいアナタへ

↓管理人おすすめのセックステクニック教材

膣イキ記憶術パーフェクトビデオ

世の中の女性の約5割は、セックスで「イク」という経験をしないらしい。

そして更にその半分は、クリトリスでイク外イキであって、中イキではない。

そう、中イキ(膣イキ)とは世の中の女性の25%しか体験することのないのだ。

中イキは、クリトリスでイクものにくらべて遥かに強く深く強烈な快感が全身に広がるものである。

そして女性は、自分にはじめての「中イキ」をもたらしてくれた男性に対して、まるでひな鳥が初めて見たものを親だと思いこむように、依存してしまう傾向がある。

自分をイカせてくれた男性こそ、運命の男性であるかのように。

そんな強烈な快感なのに、どうして25%の女性しか体験できていないかというと、女性の体質なども多少は関係するが、その多くの原因は、男性側の知識不足、テクニック不足、そして「中イキをプレゼントしてあげたい」という思いが欠如しているからである。

だからこそ、セックステクニックの深淵を学ぼうとするあなたには、当たり前のように女性を「中イキ」させるだけの知識とテクニックは身につけておいてほしいと思う。

女性の膣内の全5箇所、そのそれぞれを指かペニスでイカせる方法を、オムニバス形式でまとめてある。

セックスマスターを目指すため、最愛の女性にセックスにおける究極の快感をプレゼントするため、または狙った女性を中イキさせて快楽の虜にしセフレにするために。

女性の「膣内を支配し掌握すること」それは、女性そのものを支配することにあたるのです。


(レビューページに飛びます)

特典

中級者向けセックステクニック

ABOUT US
タロスケセックスアドバイザー
これまで抱いた女性は200人以上。 50人辺りまではただ自分の性欲を満たすためだけのセックスをしてきましたが、一人の女性と出会い、そこから「女性のためのセックス」をするように心がけてきました。 現在では8割型の女性をイカせれるようにもなり、女性を幸せにできるセックスとは何かを模索し続けています。