小手先の早漏改善などではなく、完全かつ根本的に早漏体質を治すための方法とは?

小手先の早漏改善などではなく、完全かつ根本的に早漏体質を治すための方法とは?

今回は、早漏を完全かつ根本的に解決する方法を書いていきたいと思います。

早漏を改善というか、射精を遅らせるためにはいろいろな方法がありますよね。

  • 射精しそうになったらお母さんの顔を思い浮かべる…
  • 呼吸法…
  • コンドーム2枚重ね…
  • 早漏防止スプレーを塗っておく…

と、まぁ早漏で悩む男性が多い分だけ、早漏を何とかするための方法は色々と考えられてきました。

しかし、今回お伝えすることはそういった小手先のテクニックというか、一過性の早漏をごまかすための方法ではなく、早漏であることを根本的かつ完全に改善してします方法です。

すぐにも早漏を治したいという方には難しい話ですが、結局は完全に早漏を克服するには最終的にこの方法しか無いという感じで話を聞いてくれればと思います。

早漏を完全克服するには、たくさんの女性とヤりまくるべし!

早漏改善には経験が大事

早漏を根本的かつ完全に克服するための方法、乱暴な言い方になるかもしれないが、それはとにかくたくさんの女性とやってやってヤリまくるということです。

とにかくひたすら、セックスの回数をこなし、たくさんの女性を知り、経験を積んでいくということです。

というのも、やはり「慣れ」というものは存在しますし、セックスという三大欲求のひとつを満たす、とてもテンションが上がる行為でもありますが、それでもやはり人は慣れていくものです。

その中には、セックスや性格などの相性がピタリと合ったり、好みの女性である場合にはテンションが上りすぎてすぐに射精してしまうこともありますし、逆に好みすぎて緊張して勃たないということもあれば、その女性が自分のペニスでイク姿をどうしても見たくて限界突破で頑張ってしまうこともあるでしょう。

世の中には、女性の数だけ、体の形や柔らかさがあり、それと同時にいろいろな膣の形や締り具合もあれば、その数だけ女性の気持ちよがり方やキャラクターがある。

そのはずなのに、ある程度の女性の違いを知っていくにつれて、新鮮なはずの女性に対しても慣れていく。

セックスという行為が当たり前になりすぎて、せっかくの男の欲求を盛大に満たせる事ができるはずのセックスに対しても、気持ちいいと感じ興奮しながらも、どこか冷静な自分がいることにも気がつくのじゃ。

結局は、セックスというものに対し、脳も身体も慣れを感じてしまうからこそ、射精をコントロールすることができるようになり、気がつけば早漏が完全に改善されているというわけですね。

・・・それと引き換えに、童貞や卒業したてのあの頃のセックスができるということに対しての感動や興奮も若干薄れてしましますが(汗)

セックスはただ何もせず待っていてもその機会は降りてきませんから、積極的にセックスの機会を勝ち取りにいきましょう。
もしくは、何かを仕掛ければ待っているだけでセックスの機会が降ってくるというものでもありますが↓

ツイッターでセフレを量産する教科書【セフレ量産コース】の内容を暴露レビュー予定!特典もあります。

 

すぐイクような女性とする、もしくはすぐイク女性に開発調教する

マルチオーガズム
ネットでヤレる女を探す方法、セフレの作り方、オフパコ、色々教えます!

早漏を完全に改善するには、とにかくたくさんの女性とセックスをしまくって脳と身体を慣れさせるということを書きましたが、もうひとつあります。

それは、セフレや彼女、奥様をセックス開始後にすぐに中イキする女性に開発調教するか、もしくはすぐに中イキする女性を彼女やセフレにするということです。

僕個人の経験としては、この経験のほうが今思えば早漏体質を完全かつ根本的に克服した原因でないかと思っています。

その後に、たくさんの女性とセックスをしまくっているわけですが、思い返せばその時点で「自分は早漏」であると思ったことは無かったように思えます。

それは20代前半のときにめちゃめちゃ狂おしいほど大好きだった彼女がいたのですが、その時はあまりセックステクニックというものを意識はしたことがなかったときなのですが、彼女と何回目かのセックスのときの挿入中にふと彼女が「怖い…っ!怖いっ!」と言いながらフッと魂が抜ける用に中イキしちゃったのです。

それからは、どうすれば彼女がそんなイキ方をするのかを掴むことができ、僕が意図するタイミングで彼女が中イキできるようになったわけです。

そうなると、ある程度ピストンする→彼女が中イキ→挿れたまま休むということを繰り返すことになります。

1度の挿入で何度も彼女を中イキさせていれば、無理してピストンをして彼女をイカせる必要もなくなり、段々と彼女とのセックスに対しても余裕が出てくるようになり、○回彼女もイッたことだし流石に俺もそろそろ射精しておくかという感じになって、気がつけば彼女とのセックスにおいては完全に射精をコントロールできるようになっていたわけです。

その後彼女とは別れることになり僕はいろいろな女性と遊びまくるようになるわけですが、早漏であると自覚した覚えは無かったように思えます。

今回の場合はたまたま彼女の開発調教に成功してお互いの絶頂をコントロールすることができるようになったわけですが、たまたま付き合った女性が運良く「中イキしやすい」といった場合も、その女性とセックスを繰り返すことで、いつの間にか早漏を克服している状態になっているのではないかと考えます。

相手の女性を、自分の好きなように好きなタイミングで中イキできる女性に開発調教すること、これは簡単なことではありませんが決して難しいものというわけでも有りません。

せめて自分のセフレや大好きな彼女くらいは、あなたの好きなタイミングで中イキできるように開発調教することで、貴男自信も豊かなセックスライフを送ることができるはずですよ。

セックスで女性を中イキさせやすい3つの体位とは?(寝バックやロールスロイスなど)

セックスで女性を中イキさせやすい3つの体位とは?(寝バックやロールスロイスなど)

今すぐに早漏改善したい方は。

早漏

今回早漏を完全かつ根本的に克服するには以下3つの方法をお伝えしてきました。

  • とにかくたくさんの女性とセックスを重ね、脳と身体をセックスに慣れさせる
  • セフレや彼女を好きなときに中イキさせるように開発し、セックスの支配権を握る
  • 中イキしやすい女性と付き合ったりセフレにしたりして、何度もその女性とセックスをする

といっても、そんなたくさんの女性とセックスを目指す器量もなければ、気力もないという男性もいるかも知れません。

中イキできるように開発すると言っても、彼女も今居なければセフレも居ないということも少なくはないでしょう。

そういうときは仕方ないので、ひとりからでも今日からでもできる早漏改善トレーニングをするしかありません。

正しい早漏改善トレーニングをすることで、完全にとは言わずとも、あからさまに実感できるくらいには射精をコントロールし、射精までの時間を伸ばすことはできます。

そのためのもっとも正しい方法と考え方は以下の早漏克服教材に書かれていますので、早漏を今日からでも克服していきたいという方はご参考にしてください↓

早漏改善プログラム【SKP】たった3分の『早漏男』が15分ピストンする方法!のレビュー感想

 

ABOUT US

アバター
タロスケ
これまで抱いた女性は200人以上。 50人辺りまではただ自分の性欲を満たすためだけのセックスをしてきましたが、一人の女性と出会い、そこから「女性のためのセックス」をするように心がけてきました。 現在では8割型の女性をイカせれるようにもなり、女性を幸せにできるセックスとは何かを模索し続けています。