初心者向けセックステクニック

AVを観ながらセックスをするのはアリ?ナシ?

AVを観ながらセックスをするのはアリ?ナシ?

男性の興奮を誘い、オナニーするためのエンターテイメントのひとつであるアダルトビデオ。

昔はそれこそ男のためのものでしたが、最近ではスマホやパソコンの登場のおかげで女性でも気軽にAVを観れる時代になりましたし、一徹くんやシルキーラボに代表される女性向けのAVというものも存在します。

では、このAVを観ながらセックスするのはどうかということについて書いていきたいと思います。

女性にとってAVを観ながらのセックスはアリかナシか?

女性からしてAVを観ながらセックスをしようとする男性についてどう思うかというと、半分以上がAVを観ながらのセックスはナシという感じであることが、どこかの雑誌のアンケートで見たことがあります。

今にして思えば、そりゃそういう結果にもなりますよね^^;

女性がAVを観ながらセックスをする男を嫌うには色々と理由はあります。

  • 雰囲気が壊れる
  • 寂しくなる
  • 自分じゃ勃たないのかと自信がなくなる
  • そもそもAV自体が好きじゃない
  • 浮気されているような気がしてならない
  • 挿れるだけの性処理に使われているような気がしてくる

・・・などなど、さまざま理由があります。

そういったところから、基本的にいつもAVを観ながらセックスをするということはやめておいたほうがいいですし、当然その女性と初めてセックスをするときにAVを付けながらなんてもっての外ですよね。

基本的に女性からの意見としてはAVを観ながらのセックスはナシということが多いのですが、夫婦生活が長くセックスの方もマンネリ気味の場合や、AVに対して理解のある女性とのセックスでは、たまにAVを観ながらなんてのも個人的にはありかと思います。

理解が在ればプレイの幅が広がるかも

AVに対して理解あるパートナーとのセックスでAVを観ながらするというのには、マンネリ解消以外にもちょろっとメリットが有るようにも思えます。

ネットでヤレる女を探す方法、セフレの作り方、オフパコ、色々教えます!

というのは、セックスのプレイの幅を広げたりすることもできるし、今までなんとなくしてこなかった体位の発見など、一緒にAVを観ながらすることで新しいセックスの幅が広がることがあります。

たとえば、AVで変なプレイや変わった他愛などをしているときに「ああいうのは好き?」「ああいうの、やってみる?」などとコミュニケーションを取りながらすれば思いのほか気持ちいいってことがありますし、今まで知らなかった彼女の願望を知ることが出来ます。

それにAVに触発されて、いつも控えめな彼女がちょっぴり大胆になっていることだってありますからね。

実際にやってみて気持ちいいかどうかは別として、AVはオナニーのオカズではなく「コミュニケーションのタネ」としても活躍することがありそうです。

一度過去にセフレと、「セックス48手」を順々にやっていくAVを観ながら、それを真似てやってみようというセックスをしたらこれまで知らなかった意外な体位が彼女的に気持ちよかったという経験もあります。

セックスをしながら観るAVのチョイスとしては男性側だけが楽しめるようなものではなく、女性の方も楽しめるようなものが基本的にはいいですね。

セックスシーンがロマンチックなものや、先程のように48手などその場でできる変わった体位が見れるようなものが良いかと思います。

AVを観ながらのセックスの基本は「女性側も楽しめるAVを選ぶ」ということを第一条件にです。

あくまで大切なのはパートナーとの愛情

AVを観ながらのセックスも、あくまで抱いているのは奥さんや彼女、セフレといったパートナーであり、AVはあくまで盛り上げるためのスパイスです。

なので、そういった意味でもセックスが盛り上がってきたらさり気なくAVは消し、二人だけの世界で愛し合うようにしましょう。

もちろん、毎回AVを観ながらするのはその女性にとって失礼ですし自信を消失させてしまうこともありますので、ほどほどに。

また、間違ってもAV女優を褒めるのはよしておきましょう。

褒めるべきは、今抱いているパートナーですからね。

基本的には、AVを観ながらするよりも、ゆったりとした音楽を流してもいいですし、アロマを炊いてなどそういったロマンチックな演出のほうが喜ばれますけどね(*^^*)

ABOUTこの記事をかいた人

これまで抱いた女性は100人以上。 50人辺りまではただ自分の性欲を満たすためだけのセックスをしてきましたが、一人の女性と出会い、そこから「女性のためのセックス」をするように心がけてきました。 現在では8割型の女性をイカせれるようにもなり、女性を幸せにできるセックスとは何かを模索し続けています。