中イキできない女性は「ブリッジ法」を試そう!セックスで膣イキするための開発方法!

モテ会話マスタープログラム
・中イキできない女性は「ブリッジ法」を試そう!セックスで中イキするための簡単開発方法!

女性を中イキさせたい、自分のペニスで快感に狂わせてみたいというのは男のよくある欲望。

そして、女性もなんだかんだで中イキしてみたい、ペニスでイカされたいという願いを持っている女性は少くはありません。

やはり、中イキを体験したことがある女性は5割程度と低く、その未知の快感には憧れを持っていますし、中イキを経験したことがある女性であればそりゃあの快感をもう一度となるわけです。

女性の意見として「セックスでイケなくてもいい…イケなくても満足するセックスはある」という言葉をよく聞くとは思いますが、それでもペニスでイキたいという気持ちは無くはありません。

今回は、セフレや彼女を中イキさせたい男性のため、中イキを経験してみたい女性のために、中イキしやすくなるという「ブリッジ法」というものを解説いたします。

ブリッジ法とは?

ブリッジ法って何

僕がブリッジ法を知ったのはセックスを研究し始めてけっこう後の話になるのですが、ブリッジ法と聞いて

「あの腰を持ったり、腰の下に枕を置いてする正常位のことかな?まあ確かに中イキさせやすい体位だし…」

とか想像したのですが、どうやら違ったみたいです。

ブリッジ法というのは、
「挿入中にクリトリスを愛撫し、クリトリスでイク寸前に愛撫をやめ、ピストンだけでイクようにする」
という方法のことです。

ブリッジ法の「ブリッジ(橋)」という意味には、クリトリスイキから中イキへの橋渡し的な意味がある感じですね。

なぜブリッジ法をするのかというと、それは女性の脳に中イキする感覚を刻み込むためです。

イクというのは身体が刺激に耐えきれずに体の反応で起こるものではなく、脳が「イク」という信号を出すもので、その脳にペニスで刺激されてイクという信号を出すことを覚えさせるというわけです。

ブリッジ法はクリトリスで高まった刺激でイクという信号を、ペニスで刺激されてイクということに置き換えるというか、最後のいいところけペニスがかっさらっていくという感じですね。

それに、クリトリスはあくまで体内に埋まった性感帯の一部が露出した部分ということであり、中イキするためのGスポットなどと根本は同じ器官であり、クリトリスでしっかり昂ぶらせてからGスポットで中イキしやすくなるという原理にも適っています。

何度もこれを繰り返すうちに、いつの間にかペニスだけで中イキできるようになっているという仕組みですね。

中イキさせるための膣内の性感帯一覧!Gスポットやポルチオなど

ブリッジ法で中イキするための前提条件や準備は?

ブリッジ法をするための大前提としては、相手の女性がしっかりとクリトリスでイケることが大前提となり、クリトリスが開発されていることです。

もしまだクリトリスが開発されていない、オナニーではイケるけれど男性とのセックスではイったことがないという女性はブリッジ法を試す前に、クリトリス開発から始めなくてはなりません。

そしてブリッジ法を試す前にしておくべきことはクリイキさせること、できればクンニなどではなくペニスを挿入中にクリイキさせておくことが望ましいです。

もう一つの大前提としては、女性自身が中イキしてみたい、中イキできる体になりたいと願うことが大事で、男性側だけが中イキさせたいと思っているだけでは難しいです。

あくまで中イキは女性の脳と体が引き起こすものなので、女性側がノリ気でないといけませんからね。

ネットでヤレる女を探す方法、セフレの作り方、オフパコ、色々教えます!
図解と画像でわかるクリトリスの場所とは?気持ちいい責め方や愛部の仕方まで教えます。

ブリッジ法のコツと上手なやり方

ブリッジ法の上手なやり方

ブリッジ法を試すに当たってパターンを大きく分けると2つあり、

  1. 男性側がクリトリスを刺激してイキそうになったら女性側に合図を送って貰う方法、
  2. 女性側がクリトリスオナニーをするように自らクリトリスを刺激し、イキそうになったらクリトリスへの刺激をやめる方法

の2種類です、どちらのやり方も一長一短です。

女性側に弄ってもらうことは、なんだかんだで自分でクリトリスをイジるほうが相手に弄ってもらうよりも上手にイジれて気持ちよかったりもしますし、イキそうになっても相手の男性への合図を送るという頭を働かさずに、イジる手を止めてペニスによる刺激に意識を集中させればいいだけです。

ただ、デメリットとしてはどうしてもオナニーの延長線上になってしまう場合もあります。

男性がイジるほうのブリッジ法ですが、こちらはやはりそもそもクリトリスへの愛撫が下手であれば女性はクリトリスでイキそうというレベルにまで持っていけませんし、女性の方も「もうイキそう…」という合図を出し忘れてそのままイッてしまったり、合図を送ることに意識を向けてしまうとイキそうな波も下がってしまうこともあります。

けれどやはり、後者の方でブリッジ法を成功させるほうが、より相手の男性のペニスで中イキさせてもらった感は強めですし一体感もあります。

どちらも一長一短でどちらの方法を採用するべきか悩むところですが、難易度としては女性が自らクリトリスオナニーするように弄ってもらうほうが難易度も低いですし、クリトリス愛撫のセックステクニックに自身が無いようであればまずはそちらを採用することがおすすめです。

 

何度も繰り返し連続イキさせる

何度もイク

そんなこんなでブリッジ法での「擬似中イキ」が成功すれば、そのセックスでそれを何度も反復して繰り返すようにイカせてあげましょう。

そうやってどんどん、脳みそに中イキの感覚を学習させてやるのです。

そして、クリトリスでイク寸前~実際にペニスでイクまでの間隔時間をどんどん長くさせていくのです。

ある程度クリトリスで気持ちよくなったら、止めるという感じですね。

そして最終的には、気がつけばペニスだけで中イキできるようになっていたというのが理想です。

中イキに憧れていた女性が生まれてはじめて自分が中イキできたことを実感したときの表情は、どこか安心感と幸せに満ちた表情で男側としてはとても愛おしく感じてしまいます。

ちなみに、クリトリスでイキそうなときにペニスピストンのみに変更したら、イキそうな波が引いていって結局イケなかったという場合もあると思いますが、そのときはまたクリトリス愛撫に戻り、何度も繰り返すようにしましょう。

そうすれば自ずと焦らし効果もあったりで、徐々に感度が高まっていき、ペニスだけでイケるようになります。

それでもイケない場合は、男性側としては絶対に苛立ちを見せたり残念がってる様を彼女に見せてはいけません。

彼女の方も、中イキできなかった悔しさや、あなたに対しての申し訳無さ、そしてもしかしたら一生中イキできないのではという不安にかられています。

なので男性側としては

「最終的に凄く良くなってきてたよ!」

「段々といけそうな感じになってきてたよ!」

「ちょっと興奮しすぎちゃって最終的にピストンがいいかげんになってたんだ」

と、彼女の頑張りを褒めたり、着実に良くなってきていること、なんなら自分に責任転嫁してポジティブな雰囲気を出してあげましょう。

 

さらに高みを目指したいアナタへ

瞬間昇天【神快】
女性を性の快楽の頂点に導くには、何が必要なのか。

それはもちろんテクニックもあるが、それと同じくらいに大切なのは「女性の心を昂ぶらせる」ということなのだ。

心を限界まで昂ぶらせ、脳から興奮物質が分泌されまくっているときに、正しいセックステクニックを持ってして挑めば女性はどんな反応をするであろうか。

それこそ「イク」という生易しいものではなく、まさに「逝く」という超快楽のレベルに到達するだろう。

女性を超快楽の次元へと逝かせるセックスとは「女性の心を極限まで昂ぶらせ、脳から興奮物質を分泌させまくった後に、正しく強烈なテクニックで抱く」ということである。



特典

中級者向けセックステクニック

ABOUT US
タロスケセックスアドバイザー
これまで抱いた女性は200人以上。 50人辺りまではただ自分の性欲を満たすためだけのセックスをしてきましたが、一人の女性と出会い、そこから「女性のためのセックス」をするように心がけてきました。 現在では8割型の女性をイカせれるようにもなり、女性を幸せにできるセックスとは何かを模索し続けています。