本当に気持ちいセックスは自宅ではなくラブホテルでヤルべし!

本当に気持ちいセックスは 自宅じゃなくラブホテルでヤルべし!

あなたは普段セックスをする場所はどこになりますか?
自宅、彼女の家、車の中、野外…セックス自体はまぁ、ペニスとヴァギナさえあれば物理的にはどんな場所でだって出来るわけですが、お互いが本当に気持ちいいセックスをしたいのであれば、やっぱりラブホテルが一番ですよね。

ラブホテルは防音がきいてるので喘ぎ声を大声で出せる

ラブホテルを使用する最大のメリットだと思うのがずばり
「ラブホテルなら思いっきり大声で喘いでも大丈夫!」だと思います。

こればかりは自宅では大声は出せないですからね。
もちろん、ビジネスホテルや温泉旅館でも思いっきり喘ぎ声をだすことは気が引けます。
とうぜん野外でも無理です(笑)

男の人はセックスをしているときにそんなに派手に喘ぎ声を出すことは無いと思いますが、女性からしてみればどうしても喘ぎ声が出てしまいます。

それに大きな喘ぎ声を出すというのは、女性にとっての最上ランクのセックステクニックですからね。

やっぱり周りを気にせず喘ぎ声を出せるのは、大きなストレス発散にもなりますし、喘ぎ声を思いっきりあげることで、さらなる興奮が女性の中に巻き起こります。

もちろん、男性側からしても、大きな声で喘いでくれるのはもう最高ですからね。

思っきり大きな声で喘ぎ声をあげれる環境。
それこそ身近なところではラブホテルしか無いのではないでしょうか。

清潔で非日常でエロティックな空間をレンタル

ラブホテルは言ってみれば、まさにセックスをするために用意された空間でもあるといえます。
ボロいラブホや安いところはともかく、それなりの値段を払いさえすれば、

ネットでヤレる女を探す方法、セフレの作り方、オフパコ、色々教えます!
  • 清潔な空間
  • 二人で入れる大きな風呂
  • 非日常を演出する照明の数々
  • どれだけ動いても壊れない大きなベッド
  • 綺麗な布団
  • アメニティの数々
  • 防音

といった、快適にセックスをするための空間がそこに用意されているわけです。

自宅のお部屋のムード作りを頑張らなくても、そこに行けばすでに非日常の空間が広がっているわけですからね。

生活感の溢れる自宅でセックスをするのも悪くはありませんが、やはり女性の立場として、清潔かつ非日常な空間で思いっきりセックスを楽しみたいですからね。

セックスの最中に外からの邪魔がない

やっぱり家でセックスをしていると、同居している家族がいるのであればすでにそれだけでセックスに集中できなくなってしまいますし、はたまたNHKの料金徴収やセールスマンが突然家を訪ねてくるかもしれません。

そういった心配がないのがラブホテルです。

仮に家でも、そういった予期せぬ訪問があったとしても無視すればいいだけの話ではありますが、やっぱりセックスの最中にインターホンを鳴らされれば、それだけで集中力は削がれてしまいますからね。

最近のラブホテルならではのエンターテイメント

先程、ラブホテルはセックスをするために作られた場所であると書きましたが、最近のラブホテルでは様々な趣向をこらした、アミューズメント性があるラブホテルもたくさんあります。

例えば、お風呂に温泉水を使用しているところがあったり、最上階に個室の露天風呂が用意されているホテルもあるかもしれません。

もうそれだけで、軽い温泉旅行気分になっちゃいますよね。
しかも、広いテラスがあればそれだけでプチ野外セックスまで出来てしまいます。

他には、磔台などがあってSMプレイも楽しめるホテルがあったり、自動ピストンマシンが設置されているホテルもございます。

自分の住んでいる地域にそんな特色のあるホテルがないかサラッと調べてみるのもありかもしれませんね。

そんなこんなで、彼女や奥さんといつも自宅でのセックスばかりしている人は、たまに大切な人のためにもケチらずにラブホテルで思いっきりセックスを楽しんでみるのも良いのではないでしょうか。

本気でセックスを学びたいアナタへ

↓管理人おすすめのセックステクニック教材

コトバと愛撫の8つのテクで狂ったようにバンバン女性をイカせる秘術


中級者から上級者にステップアップしようと思ったのであれば、これは間違えなく避けては通れない教材であると思います。

セックステクニックや女性をイかせる方法は、技術的なテクニックだけでは足りません。

ほんとうの意味で女性を究極の快楽に堕とすには、「脳」への愛撫をし、女性の理性を崩壊させなくてはなりません。

その最も近道であり手っ取り早い方法が「言葉責め」です。

といっても、恥ずかしがり屋さんの多い日本人はあまり言葉責めは苦手という方も多いかもしれない。

しかし、言葉責めは女性がもっとも男性にして欲しいセックステクニックであると同時に、誰もやらないからこそ、女性にとって重宝される存在になれるのです。

石井哲平さんがセックスの帝王として君臨し続けているのは、この言葉責めをマスターしたからとも本人は豪語しています。

言葉で脳を愛撫する・・・これこそ僕としても女性を究極の快楽に導くための手段であると思います。



(レビューページに飛びます)

特典

中級者向けセックステクニック

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

これまで抱いた女性は100人以上。 50人辺りまではただ自分の性欲を満たすためだけのセックスをしてきましたが、一人の女性と出会い、そこから「女性のためのセックス」をするように心がけてきました。 現在では8割型の女性をイカせれるようにもなり、女性を幸せにできるセックスとは何かを模索し続けています。