初心者向けセックステクニック

コンドームは極厚派?それとも激薄派?それぞれのメリットとデメリット

コンドームは極厚派?それとも激薄派?それぞれのメリットとデメリット

セフレやまだ結婚していない彼女との子作りを目的としてないセックスには、欠かすことの出来ないアイテムであるコンドーム。

このコンドームにも様々なメーカーが製造しており、そしてその種類も様々あります。

とくに、男性的にペニスへの刺激を左右するのがコンドームの「厚み」ですよね。

それは0.01ミリの激薄のものから、0.1ミリの極厚のコンドームまで存在し、それぞれのコンドームを着用して同じ女性の膣内に入れてもその感触は全く別のものになります。

せっかくですので、ホテル備え付けのコンドームではなく、この激薄と極厚を使い分けてみても面白いのでは無いでしょうか。

今回は、この激薄と極厚コンドームの特徴を書いていきたいと思います。

厚さ0.01ミリまである激薄コンドームの特徴と使用した感想

現在のコンドームの最薄はなんと0.01ミリのものがあります。

標準のコンドームの厚みが0.05ミリほどのことなので、なんと5分1の厚みという感じになります!

使ってみた使用感としては、流石に生で挿れたときの感触とは異なりますが、ペニスに伝わってくる膣圧の締め付け、膣内の温度、そして膣壁にペニスが擦れる感触がかなり生挿入したときに近い感じになり、パートナーとの一体感がリアルに感じることが出来ます。

ただ、値段的には標準のコンドームに比べて少々高めの価格設定になりますし、膣圧の強い締りのいい女性に使用すると、早漏気味の男性であればすぐに射精してしまうということもあるかもしれません。

ちなみに、0.01の激薄コンドームはオカモト社とサガミ社が製造していますが、どちらかというと僕はオカモト製のほうが好きです。

というのも、サガミ製は1つ1つが専用のケースに入っており、プレミアム感はあるのですが、逆にそれが携帯性を犠牲にしていますし、女性の前で取り出すときもあまりナチュラルじゃないという理由で、見た目的にも普通なオカモト製のほうを愛用しているという感じになります。

また、0.01は少々高いですが、0.02ミリのものはもう少し安く購入できます。

レビューなども0.02と0,01ではあまり変わらないという人もいれば、まったく世界が変わるという人もいて、それは実際にあなた自身が使用し比べてみると良いでしょう。

個人的には、感じる温度は大差ありませんが、感触や膣圧にはかなり変化が出たようにも感じられました。

0.1ミリの極厚コンドームの特徴

標準コンドームの約2倍の厚みを誇る、0.1ミリなどの極厚コンドーム!

僕としては激薄コンドームよりも、この厚めのコンドームを使用する機会のほうが多いような感じがする。

この極厚コンドームの特徴といったら、ペニスに伝わる膣内の感触や温度を少々犠牲にする代わりに、長時間の挿入を可能にすることが出来ることであろう。

早漏気味の男性や、パートナーの膣圧の締めがキツイという男性には是非ともおすすめしたいところであるし、厚いがゆえに破れにくいという特徴もあります。

ネットでヤレる女を探す方法、セフレの作り方、オフパコ、色々教えます!

また、ロングプレイが可能ですので、中イキしてみたいという女性に使用してあげるのもいいでしょうね。

使ってみた感想としても、やはり標準のコンドームや激薄などに比べればペニスに伝わる刺激は少々鈍感になりますが、それでも気持ちい事には代わりありませんし、より長い時間一体感を感じることが出来ます。

僕の愛用の極厚コンドームは、サガミ0.09ミリを使用しています。

理由としては、何故かこの極厚コンドームは黒色が多く、たぶん男の強さみたいなものを表現しているのかもしれませんが、黒色のコンドームって女性的にはロマンチックさに欠けますよね(汗)

しかし、サガミ0.09ミリは普通のピンク色のコンドームなので違和感なく使用することが出来るという理由で、それを使っているという感じです。

極厚と激薄は使い分けるべし!

激薄コンドームと極厚コンドーム、どちらがいいかとかはなく、それは女性や状況に合わせて使い分けるのが良いのではないでしょうか。

あらかじめ両方のコンドームをラブホテルのベッドテーブルに用意しておき、前戯などの最中で膣の締まりのいい女性か、悪い女性なのかなんとなくわかると思いますので、締りのいい女性であれば極厚コンドームを使用したり、締りの緩い女性であれば激薄でもいいかなという感じですね。

僕の場合は、1回戦目が極厚を使用し、ペニスも刺激になれ膣内もいい感じで緩まってきた2回戦目は激薄を使用する、といった使い分けが多いです。

とはいえ、やはり僕としては1つになったあの気持ちいい時間を長時間味わっていたいという思いと、せっかくなら中イキさせてあげたいという思いもあり、なんだかんだで極厚コンドームを使用する機会のほうが多いです。

どのコンドームを選ぶかでも、女性にとっても男性にとってもセックスの質は異なってきます。

一番気持ちいいのは生挿入ですが、望まぬ妊娠や性病予防のためにはコンドームは欠かせません。

何よりも、そういったものから女性を守り、女性も妊娠や性病に心配せず、安心して心からセックスを楽しんでもらうためにもコンドームは付けてあげるべきですね。

激薄コンドームの特徴

  • とにかく気持ちいい
  • 値段はコンドームとしてはとても高い
  • 破れやすい
  • ペニスサイズが大きいと少々キツイかも

極厚コンドームの特徴

  • 刺激が少なくロングプレイが可能
  • 早漏にもうってつけ
  • なぜか黒色の物が多い
  • 受ける刺激が弱く男性側の身体的快感は少なめ
  • コンドームとしては少し高め

ABOUTこの記事をかいた人

これまで抱いた女性は100人以上。 50人辺りまではただ自分の性欲を満たすためだけのセックスをしてきましたが、一人の女性と出会い、そこから「女性のためのセックス」をするように心がけてきました。 現在では8割型の女性をイカせれるようにもなり、女性を幸せにできるセックスとは何かを模索し続けています。