電動オナホール(回転+ピストン式)を使ってみた感想レビュー!おすすめはNLSピストン(A10ピストンSA試作機)です。

電動オナホール(回転+ピストン式)を使ってみた感想レビュー!おすすめはNLSピストン(A10ピストンSA試作機)です。

どもどもこんにちは!

久しぶりに電動オナホールを使ってみたくなったので買ってみました(笑)
ので、そのレビューと感想を書いてみようと思います。

電動オナホール、買ったった!

2年ほど前に1万5千円ほどのNLSピストン(A10ピストンSA試作機)を購入したこともあるのですが、それが本物の女性とのセックスとは違った気持ちよさがあってかなり気持ちよくて好きだったのですが、たまたまヌイた日の翌日が不燃物の回収で、賢者タイムの勢いで処分しちゃったんですよね(汗)

ぶっちゃけ捨てなきゃよかったとしばしば思い出して後悔するときもあったのですが、思い切って久しぶりに購入してみたぞい♪

今回は中国のAliexpressで個人輸入しました。

購入したものは中国メーカーの中国製のもので正式名称みたいなものは存在しないようですが、回転+ピストン機能が備わったタイプのものです。

回転+ピストンの電動オナホール

ちなみに購入した価格は日本円で約6900円。

電動オナホールは探せば2千円台のものからありますが、あれはただの振動タイプで、ローターが埋め込まれたオナホールという感じです。

もう少し、値段を下げればピストンタイプ、もしくは回転タイプのどちらかの単機能のものが選べます。

で、せっかくなら回転しながらなおかつピストンするタイプのものがいいじゃないですか(笑)

回転という女性器では得られない気持ちよさも体験してみたいですし、ヌクというからにはまるで精子が自動的に絞られるようにピストン機能だってほしいというわけで、これを選びました。

では早速開封の儀!

電動オナホール

なんだかんだで箱は結構大きいですよ。

近くにあったジャックダニエルの750mm瓶と並べてみるとこんな感じで、TENGAなどの普通のオナホールサイズをイメージしていると面食らいます。

で、中身はこんな感じですね。

  • 本体
  • USB充電ケーブル
  • 固定用の吸盤
  • 説明書

となっています。

説明書は中国語、英語、日本語で書いてありますが、激安中華品によくあるように日本語が怪しいです(笑)

で、ホールのキャップを外すと、女性器の入り口を模したような入り口があり、それを外し中をのぞくとこんな感じです。

オナホールの挿入部

電動オナホールの中身

入り口と奥の方に、大きめのヒダがある感じで、手触りとしてはかなり柔らかめのゴム素材で出来ています。
写真の方は、未使用の状態で撮影したものですのでご安心ください(笑)

もちろん、ホールの部分は取り外し可能で水洗いも出来ますので、メンテナンス性もあり、しっかりと水洗いしていればある程度は繰り返し使えます。

とはいえ、このホールの部分だけでは単体で売っていませんし、他のホールをつけようにも専用設計なので、このホールが劣化すれば本体ごと捨てるしかなさそうです。

本体下側は、USB順電ケーブルを挿すmicroUSB挿入口と、喘ぎ声が聞こえるイヤホンジャックの2つです。

この製品の機能としては、

  • ピストン+回転のダブルの気持ちよさ
  • 専用スタンドで完全ハンズフリーオナニー
  • 充電式なので持ち運び可能
  • オカズがなくても使える喘ぎ声内蔵(イヤホンを挿すと聞こえる)
  • 10種類のピストンパターン

と、いったところです。

では早速充電もし終えたので動かしてみましょう!

凄くないですか!このピストンと回転!

男ならここに勃起したペニスを突っ込んで、精巣が空っぽになるまで精子を絞られてみたいと考えてしまいますよね(笑)

電動オナホールを使ってみた感想!

さっそく、PCを立ち上げ、お気に入りのTOKYO-HOTの動画を再生し、勃起させるぞい!

そして電動オナホールの中にローションを流し込み、ホール内にローションを塗りたくり、一緒に購入した安物のコンドームを装着!

そして勃起したペニスをいざ電動オナホールに挿入し、スイッチオーン!

・・・あれ?
ウィッ…とモーターが動く音が一度だけ聞こえて、動かない。
さっきまであんなに元気に動いていたのに、あれ?

んで、ペニスを引き抜いて、もう一度電源を入れてみると、ウィンウィンウィーンと元気に動作しているではありませんか。

つまり、これは、完全なるパワー不足、モーターのトルク不足です!!

勃起したペニスをすると、いくらローションでトゥルトゥルにしてあるからといっても、摩擦抵抗がそれなりには生まれるわけですが、この電動オナホールのモーターではそんなローションまみれの状態の抵抗ですら弱ってしまうレベルなのですよ(汗)

もちろん、ペニスの太さによってもその抵抗は変わるのですが、そこまで僕のペニスは特別太いものではないはず(泣)

モードを変えてみればかろうじてちゃんと回転してピストンもして動いてはくれるのですが、トルク不足のためにスピードがかなり遅くなってしまいます。

何も入れてない状態のさっきの動画でのウィンウィンウィンと元気に動く感じではなく、かなり頼りなく動く状態です。

また、もともとのホールの素材が柔らかいせいもあって締め付けられるような圧力的刺激もなければ、あのイボイボの突起感もほぼ感じられません。

というよりも、TENGAを使ったときや本物の女性器のような「締め付けるような感覚」がほとんど感じられない。

色々と、試してみた結果、亀頭だけに当たるようにして使用すればなんとか射精出来たという感じです。

ただ、ペニス全体を絞るように圧力をかけて、まるで精子が絞られるような感覚を期待していたわけで、かなり期待はずれでした。

まぁ、ハンズフリーでの射精はできましたけどね。うん。なにか物足りないけど。

 

電動オナホールはケチるな!安物買いの銭失いになるぞ!

オナホールを捨てる

いやぁ、今回ひさしぶりに新しい電動オナホールを購入し、ますます昔持っていたNLSピストン(A10ピストンSA試作機)を処分してしまったことがますます悔やまれる結果になってしまいました…

ネットでヤレる女を探す方法、セフレの作り方、オフパコ、色々教えます!

悔やまれるのは、お金を無駄にしたってことだけじゃありません。

このどうにもならない、そこそこサイズの大きな電動オナホールを不燃物としてちゃんと廃棄しないといけないわけです。

使い捨てオナホールであれば、そのまま燃えるゴミにポイでいいのですが、これは電化製品ですからね。
もう考えるだけで嫌になっちゃいます。

今回はパワー不足は仕様とはいえ、なんだかんだで中国製品は初期不良も少なくはありません。

もし初期不良に当たってしまったら、こんな電動オナホールを返品するのも嫌ですよね(汗)

あと、先程も書きましたが、ホール部分は専用設計なのでこれが劣化すると本体ごと処分しなきゃいけない羽目にもあります。

というわけでマジで電動オナホールは処分のところまで考えると、ケチっちゃいけないということです。
安物買いの銭失いだけならまだしも、処分に困る不要な傀儡が残ります(笑)

 

NLSピストン(A10ピストンSA試作機)の思い出し使用感想とレビュー!

新しい電動オナホールで失敗した反動で、まるで昔の恋人を思い出すかのように、過去愛用していたNLSピストン(A10ピストンSA試作機)を記憶の中から引っ張り出して思い出しレビューしたいと思います。

NLSピストンという電動オナホールは、Rends社の「A10ピストンSA」という超高級電動オナホールの試作機をNLSというアダルトショップがオリジナルモデルとして販売させてもらえないかと直接交渉して販売しているものになります。

ちなみにA10ピストンSAはなんと39800円という値段でありながら、これはそれの廉価版とも言えなくもないものになります。

ちなみに、株式会社Rendsは真面目に性家電の研究開発に取り組む日本のメーカーね。

ここからは販売ページからお借りしてきた画像になりますが、NLSピストンは以下のような感じ。

NLSピストン(A10サイクロンSA試作型)

それでこれは、バッテリー式ではなくバッテリー非搭載のACアダプター駆動なのです。

使用するたびにコンセントを入れなきゃいけないのが面倒ではありますが、バッテリータイプで絶対に出すことが出来な超ハイパワーでピストンすることができます。

バッテリー式では抵抗摩擦に負けて動きが止まってしまいますが、これはそんなのお構いなしと言うかのようにガッシガッシと動いてくれます。(ただし低速ピストンではトルク不足になる)

ただし、ハイパワーな分だけ動作音はかなりうるさめです(汗)

このあたりはモーター機器の難しいところで、静音をとればパワー不足になったり排熱問題があったりで両立は難しいですからね。

あと、バッテリー非搭載なので、処分するときも何も考えなくても良いのもありがたい♪

それでNLSピストンで生み出される快感は、ハイパワーな本体だけのものではありません。

とにかく、本体に取り付けするオナホールのクオリティが高さ!

これは、高級電動オナホールであるA10ピストンSAに取り付けるための専用オナホールを取り付けることが可能で、これは安物電動オナホの安物ホールとはまるで違う。

A10ピストンSAのホール

しっかりと「しまり」を感じることができるし、ペニスを入れれば密閉された圧力みたいなものがありますし、ぶっちゃけこの専用ホールを単純に手持ちのオナホとして使ってもいいくらいでもあります。
さすが日本企業が開発しただけはあります。

ちなみに種類は何種類かあって僕は、スティールというものを使っていて十分に満足していましたが、いろいろな種類もありますし、ハマったら気分転換がてらに専用ホールを色々と集めてみるのも楽しそう。
(上記の図はクローバーというモデル)

つまり、NLSピストンは、
「ハイパワーな高トルクのピストン運動+ハイクオリティなホール」
その2つが合わさって、本物女性の女性器とは違った気持ちよさが生み出されるというわけです。

それこそまさに、精子をオートで絞り出される。
ちなみに射精の我慢に我慢を重ねた末に射精すると、頭が真っ白になりそうです(笑)

それにしてもこうして思い出しレビューを書いていると、ますます「なんてモノを捨ててしまったんだ」と余計に後悔している自分がいることに気がつく…orz

あと、これは使っていなかったのですが、別売りの専用スタンドもありこれを使用すれば完全にハンズフリーなゴージャスなオナニーが楽しめたりもします。

うん、まさにリッチなオナニーです(笑)

というわけで電動オナホールを試してみたいと思ってらっしゃる方は、ケチって安物を購入するとお金をドブに捨てるだけではなく、不用品の処分問題も出てきますので、とりあえず後悔しない最低ランクはNLSピストンだと思います。

ちなみに、ホールは付属していませんでの本体だけではなく、A10ピストンSA専用ホールもどれかひとつ購入しなければなりません。

それから安物のローションと、安物のコンドームも持っていなければ一緒に♪

もっとリッチに電動オートオナニーライフを満喫したい方は専用スタンドもあったほうがいいかもですね。

とりあえず全部揃えてもデリヘル1回分(ホテル代込み)くらいです。

さらに究極快感オナニーを求めるなら…

もっと自宅で究極の快感を得ることができるオナニーを楽しみたいというのであれば…

NLSピストンはあくまで「試作機」であるわけなのだが、その完成携帯である「A10ピストンSA」を手にしてみてはいかがであろうか。

A10ピストンSAを使ってみたレビュー

決して安くはありませんが、その価値に見合う気持ちよさはあるそうです。

NLSピストンはどちらかといえば、ハイパワーでひたすらパワー重視という感じでしたが、完成型のA10ピストンSAは、試作機と変わらぬトルクフルなモーターを搭載しておりながら、ゆっくりねっとりと確かな快感が湧いてくる感じだろう。

なんというか、一気に高速ピストンで射精するよりも、じっくーりと快感を味わい、そして「イキそう!」というあの時間を長く味わいながら果てたときの気持ちよさはとても大きいものがありますよね。

詳しいことは販売ページや、購入者のレビューを読んでいただければと思います。

とりあえずこのA10ピストンSAは、現在で手に入る最高の電動オナホールであり、男にとって最高のオナニーを味わういことができるのは間違いありません。

値段は高いですが、日々を頑張る自分へのご褒美として、もしくはこの先無料で使える電動ピンサロ嬢という位置づけでも(笑)

本気でセックスを学びたいアナタへ

↓管理人おすすめのセックステクニック教材

500lts


ある程度セックスに理解を深め、女性を第一に考えたセックスが出来るようになったら一番見てほしいセックス教材です。

プロのセックスを観て盗むというシンプルなコンセプトのテーマだが、この盗むための映像が女性から見ても「こんなふうに抱かれたい」と思わせるほどエロくて情熱的で愛を感じさせることのセックスなのだ。

セックスの勉強をしているのであれば、絶対に観てほしい真似てほしいという映像がここにあります。

こういった雰囲気を出してセックスをすることができれば、多少テクニックが下手であっても雰囲気や求められているという喜びが、女性の中から興奮物質を出すことができ、脳みそからとろけさせることが可能になるだろう。

もちろん、雰囲気だけではなくテクニックも威力が高く、しっかりとした解説で説明される。


(レビューページに飛びます)

特典

中級者向けセックステクニック