初心者向けセックステクニック

処女とのセックスで処女膜貫通を痛くさせないやり方と気をつけるべきこと

処女とのセックスで処女膜貫通を痛くさせないやり方と気をつけるべきこと

長い人生ですからもしかしたらいつかは処女を抱くことはあるかもしれませんし、
もしくはあなたが近々処女の女性とセックスをする予定があったからこそ、このページに辿り着いたのかもしれません。

こうして、あなたが処女を相手になるべく痛くないようにしてあげたいと思ってこのページにたどり着いたのであれば、そういった優しさと愛情だけでも、これから貴男に抱かれる女の子は幸せかと思います。

僕はこれまで3人の処女をだいたことがあり、最初の二人は20代のころで、まだセックスの勉強もしていない時期でしたし、なるべく痛くさせないようにと思いながらも、知識や技術が伴っていませんでしたから、結局「痛い!痛いぃッ!」と叫ばせてしまう結果になりました。

それから10年ほど経って、久々に処女喪失を務めさせて頂く事になったのをきっかけに、これまでの経験やテクニックとともに、なるべく痛がらせない方法を改めて勉強していざ処女膜を破ると、相手の女性に大きな傷みを与えること無く処女貫通に成功しました。
そのときの方法やテクニックを元にこのページを書かせていただきたいと思います。
(痛いかどうかはペニスサイズや女の子の個人差もありますが)

なぜ処女貫通は痛いのか?

初めてのときは、すぐに抜いて欲しいくらい痛かったの・・・

セックスの経験もホドホドに積んだ非処女の女性だと、膣内にペニスを挿れてあげれば気持ち良がってくれるものですし、そもそも膣内はペニスを挿れられるための場所であるのに、どうして初体験の時は痛いのか。

答えは単純で、膣内の性感帯も刺激を与えていくにつれてどんどん開発されていくものであり、まだ未開発の状態では体の中の一つの「臓器」でしかありません。
当然そんな体の一部である「臓器」に異物を入れるわけですから、痛くないわけがありません。
まだ未開発ではありますが痛覚はありますので、快感が走る前に先に痛みが走るというわけです。

と言うのは、あくまで身体的理由です。

僕としては「処女喪失の瞬間は痛い!」と言われているのは、多くの女性が処女を喪失する年齢は10代後半で高校生くらいかと思います。
で、その多くの相手は同年代の彼氏であるか、口説き落とした先輩とかが相手であることがほとんどです。

10代男子ともなるとセックステクニックについての勉強をしているという男子はほぼ居ないでしょうし、基本的には欲望が優先されます。
また、なるべく痛くしないようにという心はあっても、それに伴った知識も技術も無いのですから、当然上手な処女貫通をできずに、結果として女性を痛がらせてしまう結果になります。
もちろん、前戯の時間もかなり短いと思います。

多くの女性がそうであり、また処女喪失は人生に1回しか無いので、結果的に世間でも処女喪失は痛いものであるということになりました。
しっかりと上手に処女を抱いてあげれば、極力痛みは少なく済むということです。

処女膜を破る前の前戯

細かいことは色いろあるのですが、基本は前戯をたっぷりしてあげて心と体の緊張を解き、そしてペニスを入れる前に女性にもしっかりとエッチな気持ちになってもらうことです。

まず心が緊張しているとどうしても体も緊張してしまいます。そんな緊張状態では筋肉もほぐれていない訳ですから、そのままペニスを挿れれば痛いはずです。
なので、セックスを始めるときは甘い言葉を囁いたり、しっかりとロマンティックな空気を作ってあげ、女性を安心させながらも緊張をほぐしてあげなくてはいけません。
ベストなのは「あなたに抱かれたい」「初めての相手をあなたにお願いしたい」という気持ちを女性側にもたせれるかどうかです。

前戯時間の目安は普段のセックスより長めに2時間くらいは必要で、そのなかでしっかりと優しく丁寧にクンニやクリトリスを指マンしたりしましょう。

ペニスを入れる前に膣内も指一本で優しく愛撫し、膣内に異物が入ってくる感覚に慣れさせるのと同時に、膣内の筋肉をほぐして愛液をたっぷりと分泌させておきたいところです。

また、相手が処女でもクリトリスオナニーはしたことがある女性も多いので、クリトリスでイクことができる女性であれば、身体の感度を高めて痛覚を和らげてあげるためにも、前戯中に1回はクリトリスでイカせてあげたいところではあります。

痛くさせない処女膜貫通の仕方

処女膜貫通

たっぷり愛撫をし、膣内もほぐしたし愛液の分泌状態もバッチリというところで、いよいよあなたのペニスで処女膜を破る瞬間です。

ネットでヤレる女を探す方法、セフレの作り方、オフパコ、色々教えます!

処女膜を破る(剥がす)ときの挿入方法は難しいものではなく、正常位の体位でしっかりと膣口を亀頭で捉えたら、ペニスを約2センチほど慎重に入れたら、そこから子宮口などの膣の最奥に当たらない程度に一気にペニスを挿入しましょう。
そして、挿入し終わったら女性を安心させるようにそのまま身体を倒して密着して抱きしめてあげたら、そのままピストンはせず停止します。

処女膜を貫通させるときはなぜ一気にずぶりといくかというと、いくら膣内をほぐして愛液を分泌させてもなんだかんだで多少の傷みはあります。
で、想像をしていただければわかると思いますが傷口に異物をグリグリさせられるくらいなら、一気にやってくれという感じにもなるでしょう。
ピアスを開けたことがある方なら分かるかと思いますが、ピアスをピアッサーで開けるときは一瞬で貫通させるから痛みを最小限に抑えるわけでありますし、あれをゆっくりグリグリとされるのは想像するだけで怖いですよね。
処女貫通のイメージ的にはそんな感じです。

そして、挿入後にしばらく動かないのも、膣内をペニスのサイズや感触に慣れさせてあげないといけないし、ゆっくりと拡張されていきますので、しばらくは拡張が終わるまで動いてはいけないというわけです。

かのように、多くの女性は相手の男性が「痛くないようにゆっくりと挿れてあげなきゃ」という少々的はずれな優しさと、挿れたら挿れたでピストンしたいという男性の欲求の二重の原因で激しい痛みを伴う処女喪失という結果になってしまうのです。

文章では少々足りない部分もあったかもしれませんが、こちらの「北条麻紀の膣開発法」というセックス教材の中に処女膜無痛貫通法という痛くない処女膜貫通のテクニックがありましたので、そちらを参考にして僕なりにやってみたという感じです。

注意点

性病予防のためにもコンドーム

細かい注意点ですが、なんとなく処女膜は自分の生ペニスで貫通させたげたいという気持ちになるかもしれませんが、しっかりとコンドームを付けてあげましょう。
やっぱり出血は伴う可能性が高いわけであなたにとっても彼女にとっても雑菌が入ってくる可能性が飛躍的に高くなりますからね。

そして、生ペニスでは潤滑剤がついていないわけですので、少しでも膣内でのペニスの滑りを良くし、より痛みを和らげてあげるためには、潤滑剤のついたコンドームをして挿入してあげることが良いのです。

また、フル勃起したペニスはかなり硬いので、できれば6~8割程度の半立状態のソフトなペニスで処女膜を貫通させてやることで痛みを抑えてあげることも出来ます。
かなり興奮してフルボッキ状態かもしれませんが、なるべく入れる前に少し冷静になって勃起を抑えてあげてください。

コンドームを付けることや勃起状態をコントロールしてあげることも、彼女への愛情なのかもしれません。

処女を奪うセックスであなたが考えるべきこと

処女を奪うということ

処女を奪うという行為は男性にとって彼女の初体験の相手になれるわけですし、強い支配欲や独占欲に満たされるかもしれません。
それはそれで僕はいいと思います。

で、このページはなるべく処女の女性が痛くないように初体験を終わらせてあげるためのページではありますが、ただたに身体的に痛がらせないようにするだけでは少し足りません。

僕としては、彼女の処女を奪って処女を卒業させてあげるという以上に、彼女にとってセックスとは素晴らしいもの、異性と一つになることはこんなにも幸せなものだと感じさせてあげたいものです。
もちろん女性にとっては初めてのセックスであり膣内も開発されていないわけですから肉体的な快感をそこまで与えるということは難しいかもしれませんが、そういった精神的な幸せというものを感じさせてあげることはできるはずです。

処女とのセックスはあなただけが気持ちよくなろうとは考えてはいけませんし、女性を無理にイカせてあげる必要もありません。
ただ、お互いに裸になって身体と心を一つにしてセックスをすることはこんなにも幸せな行為であるということを、体と心に体験を通して教えてあげてください。

処女とセックスをした時の感想と体験談

僕は30代になってひょんな事からネットで処女(19歳)の女性と出会い、あれやこれやで彼女の処女とセックスをし、処女をいただきました。
そのときの体験談と感想を別のオフパコブログで書いておきますので、興味ある方は御覧ください。
ツイッターで出会った19歳の処女とオフパコセックスしてきた体験談と感想 <

 

本気でセックスを学びたいアナタへ

↓管理人おすすめのセックステクニック教材

膣イキ記憶術パーフェクトビデオ

世の中の女性の約5割は、セックスで「イク」という経験をしないらしい。

そして更にその半分は、クリトリスでイク外イキであって、中イキではない。

そう、中イキ(膣イキ)とは世の中の女性の25%しか体験することのないのだ。

中イキは、クリトリスでイクものにくらべて遥かに強く深く強烈な快感が全身に広がるものである。

そして女性は、自分にはじめての「中イキ」をもたらしてくれた男性に対して、まるでひな鳥が初めて見たものを親だと思いこむように、依存してしまう傾向がある。

自分をイカせてくれた男性こそ、運命の男性であるかのように。

そんな強烈な快感なのに、どうして25%の女性しか体験できていないかというと、女性の体質なども多少は関係するが、その多くの原因は、男性側の知識不足、テクニック不足、そして「中イキをプレゼントしてあげたい」という思いが欠如しているからである。

だからこそ、セックステクニックの深淵を学ぼうとするあなたには、当たり前のように女性を「中イキ」させるだけの知識とテクニックは身につけておいてほしいと思う。

女性の膣内の全5箇所、そのそれぞれを指かペニスでイカせる方法を、オムニバス形式でまとめてある。

セックスマスターを目指すため、最愛の女性にセックスにおける究極の快感をプレゼントするため、または狙った女性を中イキさせて快楽の虜にしセフレにするために。

女性の「膣内を支配し掌握すること」それは、女性そのものを支配することにあたるのです。

(レビューページに飛びます)

特典

中級者向けセックステクニック

ABOUTこの記事をかいた人

これまで抱いた女性は100人以上。 50人辺りまではただ自分の性欲を満たすためだけのセックスをしてきましたが、一人の女性と出会い、そこから「女性のためのセックス」をするように心がけてきました。 現在では8割型の女性をイカせれるようにもなり、女性を幸せにできるセックスとは何かを模索し続けています。